FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.24-25 鹿島槍東尾根

一昨年の4月に敗退した鹿島槍の東尾根に行ってきました。

3/24
06:07 駐車場発
10:19 一ノ沢の頭
11:55 二の沢の頭
13:26 第一岩峰基部(幕営地)

3/25
05:30 出発
06:35 第二岩峰基部
10:38 鹿島槍北峰
11:37 鹿島槍南峰
12:12 布引山
13:15 冷池山荘
15:05 高千穂平
16:28 赤岩尾根末端
17:53 駐車場

前回と違って今回は天気も快晴。
大谷原まではまだ除雪していなかったので15分ほど余計に歩く。
P3241159.jpg


林道をしばらく歩き登りやすそうな場所から尾根に取り付く。
やや急登だが雪もしっかり付いているので登りやすい。

天気はこれ以上ないほどの快晴。
おまけに風もないので暑すぎた。
左側が一ノ沢の頭、右に鹿島槍。
P3241187.jpg



ここから鹿島槍を正面に見ながらの雪稜歩き。
景色が良くて気持ちいい。
雪もしっかり付いていて前回よりもかなり歩きやすかった。
P3241217.jpg


二の沢の頭から見た鹿島槍。
P3241229.jpg


今回の幕営地は第一岩峰の基部。
雪も多く、整地すればテント数張りは張れそうなスペースがあった。
時間もあったので4~5人用テントを覆う立派なテントサイトを設営。
P3241278.jpg


この日はこれで終了。
夕暮れにはどこからか雷鳥が飛んできてテントのすぐ上に。
オス独特のカエルのような鳴き声を聞かせてくれました。
よく天気が悪くなる時に雷鳥が出てくるなんて話も聞きますが…明日はどうだろう。

夜には町の夜景もきれいでした。
隣の赤岩尾根にもライトの明かりが。
P3241293.jpg



翌日は2:30起床。
空は明るいが風は強い。準備をして5:30には出発。
P3251305.jpg



第一岩峰はテントの目の前。
P3251316.jpg


早朝で雪も締まっていたのでここはロープを出さずに直登。
雪壁は問題ないものの草付きとちょっとした灌木帯が悪かった。
P3251323.jpg



それから少し進んだところが第二岩峰。幕営した跡もありました。
P3251349.jpg


60メートルロープで1P。
この辺りから段々と天気も下り坂に。
P3251351.jpg


第二岩壁の途中から下を見下ろす。
P3251369.jpg



核心部は左の岩壁にある窪みにアイゼンの爪をかけたいのに
中途半端に雪が積もってたりで右足のスタンスが定まらず一苦労。
思いっきりハイステップで乗り上げて突破しました。

終了点と登ってきた東尾根。
みんな無事に乗り越えてあとは北峰まで雪稜歩き。
P3251384.jpg


北峰に着く頃には一段と風も強まり先を急ぐ。
ガスも出始め、強風でカメラを出すのが嫌になりはじめる。

南峰に向かう。
一般縦走路だけど雪の付き具合によって結構嫌な箇所もあった。
P3251431.jpg


南峰から赤岩尾根へ。
この頃が一番天気が悪かった。
P3251435.jpg



ちょっと緊張するトラバースを終えてようやく赤岩尾根へ。
所々急斜面があったり踏み抜きが多々あったりで疲れる。
P3251484.jpg


赤岩尾根から見た東尾根。天気も回復してきた。
P3251505.jpg


赤岩尾根の末端。
川はデブリで埋まっていた。
ここから長い林道を歩いて駐車場まで。
P3251541.jpg


前日までは除雪されていなかった道路が除雪済みでした。
P3251550.jpg


鹿島槍山頂では天候がイマイチでしたが
それ以外はかなり天気にも恵まれいい条件だったと思います。

久しぶりに結構歩いたせいか、右膝が痛くなりましたが
無事に下山できて一安心。充実した1泊2日になりました。


 
スポンサーサイト

Comment

越後にはないスケールの大きさを感じます。細い尾根を登攀する緊張感も何とも言えませんね。先日の平標山は、2月より積雪が増えていました。シーズンが長くなるよう、どんどん山域を変えていかなければいけませんね。

北アルプスにも里山にもそれぞれの良さがありますね。次は何処へ行こうかな。

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。