FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新穂高温泉~蒲田富士~涸沢岳 12月23日・24日・(25日)

DSC01990.jpg

白出沢から見た奥穂高岳



12月22日  
        19時 十日町市 出発 ~ 23時 新穂高温泉駐車場 到着

   
   23日   
         6時20分 新穂高駐車場 出発(フリートレック装着) ~ 8時25分 穂高平避難小屋
  
        10時30分 白出沢 (フリートレック デポ) ~ 10時50分 蒲田富士入り口 ~
        
        17時30分 テント設営 2350m付近 


   24日  
         5時35分 テント出発 ~ 8時20分 蒲田富士・・天候が悪くなり下山を決める
        
         9時15分 テント着 ~ 10時15分 テントを片付け下山 
        
        12時55分 白出沢 ~ 13時25分 白出沢出発(フリートレック装着) ~
        
        15時00分 新穂高駐車場 着





23日


天気は思いがけず晴天に恵まれ 気持ちの良い スタートになりました。


今回はフリートレック(フリーベンチャー)を履いて 白出沢まで進むことにしました。

重たい荷物にも耐え 難無く距離をかせぎます。


DSC01981.jpg






もしや 私たちが最初なら ラッセルを覚悟しなくては と思いながら 蒲田富士へ

有難いことに トレースがついて いました。

DSC01993.jpg




トレースを追うものの 急登が容赦なく続き 体力を消耗させてくる

去年は膝上のラッセルをしたが 天候が回復せずに 敗退した

だから 今年こそは と気持ちを強く持ち 必死に直登に耐える


DSC01998.jpg


次第に日が暮れ始めてきた




DSC02000.jpg


 
やっと到着したころには すっかり 暗くなってしまった

少し休みたいところだが 急いでテント設営に取り掛かる

昼間は快晴で 動いていれば ちょうど良い 気温だったが 夜になると 極寒だ



DSC02006.jpg




予定では2400m.付近にテントをはる予定であった場所



DSC02019.jpg
DSC02018.jpg



24日


天候がよければ涸沢岳へ・・・ 天気予報だとこれから悪くなるようだ


5時30分に出発


DSC02008.jpg


山はガスの中

予定通りいけるだろうか  少しでも高い所へ  けれども安全第一


槍平を眺め少しずつ上へ


DSC02011.jpg


後を振り返ると笠ヶ岳


DSC02010.jpg




蒲田富士2742メートル 

後にはF沢のコルを経て涸沢岳が


今回はここまで 


このあと あっという間に ガスがかかり 雪 風が舞う

DSC02017.jpg



自然の前では人間なんぞちっぽけだ


それなりの装備をしなければ 太刀打ちできない 



今回も着るものに工夫し

 
これは使えるのではと思い 毛糸のパンツに レッグウォーマー


とても 温かく 動きやすい 大成功だった



この景色は ずっと変わらず そこにある 

先人たちも なにを 感じて 山を登ったのだろう 

また 今度の機会に 冬の涸沢岳に 会いにこようと思う

雲に隠れていく 涸沢岳に 感謝を込めて 一礼 「きっと また 会いにきます ありがとうございました」



帰り支度を済ませ 数時間で白出沢まで降りてこれた


デポして置いた フリートレックを 装着し 白出沢をあとにする



DSC02023.jpg


雪国育ちの2人は スキーをうまく 操作し 1時間半で 新穂高駐車場までたどり着きました。


DSC02024.jpg


スポンサーサイト

Comment

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。