FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.02.28 山伏山

メンバー: YZ

およそ半年振りとなる山行でした。
生活環境が変わり、随分と山から遠ざかってしまい
気がつけばもう雪山シーズンも後半戦残りわずか。
今年は我慢の年と割り切ってのんびり行こうと思います。

久々の山行ということで、無理せずのんびり行けそうな山、
以前から計画だけは立てていた山伏山へ行ってきました。

8:45 寺石集落をスタート。
放射冷却で冷え込んだ朝、雪面はガチガチに凍っている。
よく見るとうっすらと足跡があり、数十メートル先でUターンしていた。
今朝凍み渡りをした人のものだろうか。
P2280294.jpg

今日はのんびりシール歩行の復習がてら林道を延々と
歩くつもりだったが、ついついショートカットしたくなり
適当な場所から斜面に取り付き、小さな尾根筋を登って行く。
いつも持ってくるGPSを今日は忘れてきてしまったが
見慣れた道なのでショートカットも上手く出来た。それにしてもいい天気だ。
P2280299.jpg


標高525m付近で林道が大きくカーブする地点から山伏山が見えた。
ここは見晴らしも良く、気持ちがいい。
日が昇り、気温も上昇して雪はすっかり緩んできた。
P2280302.jpg

P2280304.jpg


ここから先は林道沿いをひたすら歩く。
途中でシールに雪が付き始めたので小休止してワックスを塗る。
だいぶ良くなったが、その後も時々滑りが悪くなることがあった。
今日のような雪質だとそうなるだろうと思っていたら案の定だった。

10:19 薬師湖に到着。山伏山もまだ雪が付いていて一安心。
P2280310.jpg

これだけ雪があれば薬師湖も上を歩けるはずだが、
万が一の可能性もあるので怖くて上を歩けなかった。

山伏山の麓まで行き、そこから北東側へ回り込む。
P2280319.jpg

雪はすっかり腐ってしまっているが斜面はなかなか。
来シーズン以降、パウダーを当てに再訪したい。
P2280324.jpg

標高が上がるにつれて一気に見晴らしも良くなってきた。
振り返れば八海山、中ノ岳、巻機山などのお馴染みの山々が。
P2280328.jpg

山頂までもう少しのところで、なかなか登れなくなってきた。
北側斜面は雪が腐らずサラサラの状態で残っていて、
15cmほどのパウダーの下はガチガチの氷化斜面。
シールが全然効かずにズルズルと滑り落ちそうになる。
今日はクトーを忘れたのでエッジを効かせて四苦八苦しながら登る。
ようやく緊張から解放されたらもう山頂は目前だ。

11:04 標高903mの山伏山山頂に到着。
P2280330.jpg


山頂は見事な大パノラマの展望台で
上越国境の山々や、苗場山、鳥甲山など地元の山々が一望できた。

正面には昨日行く予定だった小松原、日陰山の斜面が一際目立っていた。
苗場山や鳥甲山、津南の台地もよく見渡せる。
P2280336.jpg

八海山や巻機方面の山々も白く輝いていた。
P2280343.jpg


晴れ渡った青空の下、のんびりとランチタイム。
やはり静かな雪山はいい。いつかここでテント泊もしてみたい。
ゆっくりと景色を楽しんでから帰り支度を始める。

雪がもっと付いていれば面白そうなシュートもあったが
今日は安全第一でゆったりと滑れそうな斜面を選ぶ。
P2280353.jpg

滑り出しは急だが下部も広々としていてプレッシャーはない。
あっという間に滑り下り、楽しい時間はわずか数ターン、ほんの一瞬。
P2280356.jpg


あとはひたすら来た道を下山。
所々で酷いストップスノーもあったが、概ね問題なく滑って降りれた。
薬師湖から寺石集落までは約20分。
P2280362.jpg

12:06に車に戻り、久々の山行も無事終了。

やはり久々の山は楽しかった。
天気が良かったせいもあるが、いいリフレッシュになった。
まだまだ以前のように自由に時間が取れないかもしれないが
せっかく雪国に住んでいるのだから、少しでも時間を作って
近所の山を楽しむなど、残りわずかなシーズンを楽しみたい。



スポンサーサイト

Comment

No title

おはようございます。久々の山行が好天で良かったですね。探っていけば地元の山には、良いところがたくさんあります。春山を楽しみましょう。

No title

そうですね、まだまだ行ったことのない里山がたくさんあるのでゆっくりと楽しもうと思います。

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。