スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北鎌尾根から槍ヶ岳へ

新田次郎の小説でも厳しいルートとして知られる、日本登山の黎明期から数々の伝説を生んできた北鎌尾根。
七度目の北鎌となるTS♂と、初挑戦はMK♀、MS♂、KS♂の三者。
天候にも恵まれ、CLの的確なルートファインディングのおかげで安全に北鎌を楽しんできました!

北鎌尾根からの槍ヶ岳の眺望


【行程】
8/11
前夜発、七倉の駐車場へ23:00着、キャンプ

8/12
4:30起床~5:30ゲート開く、タクシーで高瀬ダムへ~5:45高瀬ダム発~7:00車止め、林道へ~8:00山小屋~8:30硫黄川出会い、入渓~10:00ヘツリ突破~12:00沢分岐、薮こぎで左沢上流へ高巻く~14:30北鎌沢出会い、キャンプ、焚き火で濡れた服を乾かす

8/13
4:30起床~5:30北鎌沢入渓~6:00沢分岐(左沢から水汲む)、右側へ遡上~8:00コル~10:00独標~14:30槍ヶ岳取り付き~15:00登頂~16:00殺生ヒュッテ、キャンプ

8/14
2:00起床~4:30発~7:30槍平小屋~11:00下山~11:30松本行きバスに乗車~14:00JR大糸線で信濃大町へ~15:00タクシー乗車~15:30七倉の駐車場へ

硫黄川出会い

トリカブト

もろい岩道を歩く

取り付き前のガレ場

北アルプスの夜明け






スポンサーサイト

Comment

北鎌尾根

憧れの北鎌に連れて行ってもらい、重いザックを担ぎこれでもか!!と言うほど歩きました。
しかし、1日目・2日目・3日目の行程がどんどん変わっていくので、全く飽きず、むしろまだまだ残って居たい位の山行でした。また、来年も行けたらいいなぁ。

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。