FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.09.06 檜又谷 大スラブ沢

メンバー: YZ
タイム :蓬沢林道基点6:22 大スラブ沢出合7:25 支稜線10:45
     武能岳肩登山道11:11 蓬ヒュッテ11:35 基点13:11
天候  :晴れ時々曇り

先週計画したものの、台風による悪天候で中止となった山行。
数日前の天気予報では再び台風直撃で悪天予報だったが
進路は逸れて温帯低気圧に変わったようで予報は好転。

土樽駅方面へ車を走らせると毛渡橋が工事のため通行止め。
仕方ないので越後中里まで戻り、魚野川右岸側に通っている
狭い迂回路を通って行く。11月まで工事らしい。
P9060001.jpg

気を取り直して蓬沢沿いの林道を進み入渓準備。
作業道を通り檜又谷へ降り立つ。
檜又谷本流は平凡なゴーロの河原歩き。
P9060006.jpg

単調なゴーロを1時間ほどで大スラブ沢の出合い。
P9060021.jpg

沢に入るとすぐ奥に門のように立ちはだかる15mほどの滝が見える。
P9060022.jpg

P9060025.jpg

階段状で簡単らしいが、高さがある上に岩がヌメっていて緊張する。
ホールド、スタンスともに豊富だがスリップしそうで結構怖い。
より簡単なルートはないかと何度か取り付いて見るがどこも同じ。
結局はヌメりを嫌って左壁の草付きあたりを登って行った。

滝の途中から下を見下ろす。高度感あって緊張。
P9060029.jpg

上部の傾斜は緩むがヌメりによるスリップが怖い。
P9060031.jpg


15m滝の上は傾斜の緩んだスラブ。
滝と言えるほどの傾斜はなく、快適に歩いて行ける。
P9060035.jpg

少し進むとすぐに5m程度の小さな滝が出てくる。
Webの記録で散見されるスリングのかかったこの滝は
岩がヌメっていて確かに悪いが、スリングのある位置から
トラバースしなくても壁の真上がガバなのでそのまま直上できた。
P9060040.jpg

ここからは滝と言えるようなものはなくひたすらスラブが続く。
水量もほとんどなく、乾いた岩はフリクション抜群で快適だ。
少し先に大スラブ沢のハイライトとも言える断層帯が見えてくる。
P9060044.jpg

見事な景観だった断層帯。
P9060051.jpg

登ってきたスラブを振り返る。
P9060061.jpg

素晴らしい景色。予想以上に天気も良くて絶景となった。
天気のおかげで景観は素晴らしい反面、暑さも厳しい。
強い日差しを避け、まだ日陰の残る右側にルートを取る。

P9060074.jpg

P9060079.jpg

P9060080.jpg

スラブを見下ろす。実際の斜度はこの写真で見るより緩いです。
P9060081.jpg

延々と続くスラブを詰めていくと三俣状になり、真ん中へ。
P9060102.jpg


藪の薄そうな歩きやすい方へと進んでいくと、やや急になり
大スラブ沢と小スラブ沢を隔てるリッジに突き当たった。
P9060124.jpg


壁は立っているがホールドは豊富にありそうだったので直上。
だが、岩の一部は脆く、ブッシュも短くあまり信頼できない。
後ろを振り返ると小スラブ沢までスッパリと切れ落ちていて
結構な高度感があり、かなり緊張した。
P9060129.jpg

数メートル登り、傾斜が緩むとようやく一安心。
腰程度の笹藪を漕いでもう一歩きで支稜線へ。
この頃には天気も曇ってくれて日差しがなくなり快適に。

上越国境稜線まではもうちょっと。
P9060157.jpg

うっすらとついた踏み跡を辿って快適な尾根歩き。
武能岳肩の登山道直下はやや急で最後の藪漕ぎになる。
登山道に出る頃にはガスと風が出てきて涼しくなった。
P9060162.jpg

ここからは蓬峠を経由して下山。
やがてまた晴れてきて暑さにうんざりしながらの下山となるが
途中の岩清水がとても冷たくて最高においしかった。

アプローチと下山が少し長い割には沢自体はかなり短め。
滝らしい滝もほとんどないが、景観は素晴らしく一見の価値あり。
天気にも恵まれて充実した楽しい山行になりました。

スポンサーサイト

Comment

No title

トマやわらじの記録でよく見ていますが、また先を越された感です。沢シーズンも限られるので、早いところ快適な遡行をしたいです。冬の武能岳西尾根も素敵です。

No title

冬の武能岳西尾根は良さそうですよね。ここも今年の冬には再訪したいです。行きたいところばかりで目移りしてしまいますね。

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。