FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10.07 谷川岳

谷川岳周辺で唯一の破線ルートということで
いつか登ってみたいと思っていた中芝新道へ行ってきました。

朝、目覚ましどおりに起きるも布団から出られずに二度寝。
今日は中止にしよう、と思いましたがなんとか気を取り直して5:50起床。
で、結局予定よりも1時間30分遅れの7:34にロープウェイ駐車場を出発。
前回と違って日帰りなので荷物も少なく足取りも軽い。

7:57 マチガ沢
PA072479.jpg


8:15 一の倉沢
PA072484.jpg


予想はしていましたが昨日までの台風の影響で水量が多い。
道も所々水没していて歩きにくかった。
PA072485.jpg


9:00 ようやく芝倉沢に到着。
PA072486.jpg



ここからいよいよ中芝新道へと入ります。
事前に調べた情報の通り登山道の一部が崩壊しているとの注意書き。
PA072488.jpg



歩き始めて間もなくの崩壊箇所。
向こう側の踏み跡が見えますがきれいに落ちてしまってます。
PA072490.jpg


でもここは下の沢に下りる巻き道と上側を通る巻き道がありました。
どちらも小さく巻いていてさほど困難な感じはなく、踏み後もしっかりあった。

稜線を見上げると上部は紅葉がきれい。
期待した天気はイマイチで山の上は厚い雲とガスに覆われてました。
ちょうどこのあたりで雨まで降ってきて一気にやる気を無くして
帰ろうかどうしようか本気で悩みましたが予報を信じて進むことに。
PA072493.jpg


で、もう一箇所崩壊している場所がありました。
写真だとあんまりわかりませんが。
PA072498.jpg


ここはちょっと面倒くさくてロープで沢床まで2~3メートル下りて
登りにくそうな大岩を越えるか、上部の傾斜の緩い場所を横切るか。

上のほうが楽そうだったので少し斜面を上がってトラバースする。
崩れた土砂だから足元が安定しないし雨でグズグスになってるし
滑ったら一気に下まで滑り落ちるのでここは結構緊張した。



芝倉沢を見上げる。
冬は最高のオープンバーン。厳冬期の2月に来てみたい。
PA072499.jpg



いつの間にか雨もすっかり止んで気づけは青空が!
やっぱり天気がいいと俄然やる気が出てきます。
PA072505.jpg


普段はもうちょっと水量が少ないんだと思いますが
渡渉もちょっと大変で片足がずぶ濡れになってしまった。
PA072511.jpg


渡渉は何回もないような気がしましたがルートミスしたのか
最終的に4回の渡渉があった。2回だと思ってたんだけど。

最後の渡渉後、沢を離れて堅炭尾根へ取り付きます。
振り返ると高度感がありますが道はしっかりしてました。
PA072519.jpg


茂倉岳~武能岳の稜線
PA072520.jpg


堅炭尾根の岩壁と湯檜曽川
PA072528.jpg

堅炭尾根から見下ろした幽ノ沢。かなりの高度感。
PA072547.jpg

下部の崩壊箇所以外は道もしっかりしていて思ったより歩きやすいですが
岩がとにかく滑りやすかった。
雨で濡れていたからだと思いますが結構気を使いました。

堅炭尾根の上を歩き始めてしばらくすると青空は消えてまたガスが。
PA072568.jpg


11:36 景色も何も見えないまま一ノ倉岳到着
PA072569.jpg

すぐ脇にある小さな避難小屋で昼食を食べる。
予定ではここから晴天の大パノラマをみるはずでしたが叶わず。
つまらないので休憩もそこそこに歩き始めます。

12:25 オキノ耳
PA072577.jpg

12:33 トマノ耳
PA072578.jpg

下山は西黒尾根。
下り始めると視界がよくなりきれいな景色が見え始めた。
PA072579.jpg

天神尾根方面
PA072592.jpg

西黒尾根で一番好きな景色
PA072597.jpg

山頂付近のガスも少し晴れてきた
PA072598.jpg

マチガ沢と白毛門、笠ヶ岳
PA072601.jpg


13:22 巌剛新道分岐
この道もまだ歩いたことがなかったので下山路に選びました。
PA072607.jpg


基本的に樹林帯の中の登山道ですが途中に一箇所、
きれいにマチガ沢全景が見える場所がありました。
PA072622.jpg
逆光なのが残念、登攀路にして午前中に見てみたいです。


雨の影響か登山道は途中から沢みたいになってました。
PA072626.jpg


14:20 巌剛新道登山口
PA072628.jpg


あとは林道を歩いて約20分でロープウェイ駐車場まで。

期待した景色は思ったよりも天気が良くならず残念でしたが
まだ歩いたことのなかった登山道だったので楽しかった。
今度は天気のいい日に巌剛新道から登ってみたいです。




スポンサーサイト

Comment

No title

谷川は我々にしてみると、本当に近くて良い山ですね。たくさんのルートでいろんな山に登ることが出来ますね。芝倉沢は遠い昔に滑りました。私も来冬再訪したいです。週末は又雨ですね。

No title

私も数年前の春に芝倉沢を滑りましたがやっぱり厳冬期に訪れてみたいですね。これから仕事も繁忙期になるのでしばらく山はお休みです。次回の山行はおそらく11月下旬の立山です。

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。