FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.09.29-30 唐松岳~白馬岳縦走

当初は1泊2日で沢登りにいくつもりの休日でしたが予定を変更。
今年は紅葉が1週間ほど早く見ごろを迎えてるようなので久々の紅葉登山へ。

直前に色々と調べて2000m以上が見頃とのことだったので
定番の涸沢あたりもいいと思ったのですがホームページを見ると相当混雑している様子。
そこで、以前扇沢から唐松岳まで縦走し、その先も歩きたいなと思い計画していた
唐松岳~白馬三山の縦走に行くことに。直前の準備でバタバタしながらの出発でした。


自宅を出発したのは3:55。
この時間帯だと車も少ないので快適に走れる。
空が明るくなり、絶景の猿倉に到着したのは6:08。
P9291838.jpg


ここが下山口となるので車に積んできた愛車のカブをデポして八方尾根へ向かう。
出発地点の黒菱駐車場に6:45着。朝食を食べたりしながらリフトの運転を待つ。
ここに上がってくるまででも景色が素晴らしく、最高の天気に気分も上々。
P9291842.jpg


8:00に運転を開始した黒菱第三リフトを利用していよいよ出発。
紅葉はまさに見頃。絶景に思わず笑みがこぼれる。
P9291853.jpg


グラートクワッドに乗り継いで八方池山荘に着いたのは8:20。
颯爽と歩きだすも久々のテント泊の荷物が重く感じる。大した重量でもないのに…。
それでも眼前の景色に癒されながら黙々と歩いた。
これから歩く縦走路をバックに写真を撮ってもらいました。
ちょうど頭の真後ろ辺りが今夜の幕営地。あそこまで行くのか~。
P9291869.jpg


8:59 八方池に到着。
素通りの予定でしたが景色が素晴らしく、ついつい降りて行って写真撮影。
たくさんの人で賑わっていました。池に映る山々も素晴らしかった。
P9291876.jpg

P9291897.jpg


いいカメラならもっと綺麗に撮れるんでしょうがコンデジではこれが精一杯。
実際はもっともっと綺麗でした。カメラ買おうかな・・・。
P9291913.jpg


登山道の途中には紅葉のトンネル。最高だー!
P9291928.jpg

P9291939.jpg

P9291941.jpg

P9291942.jpg


これから向かう不帰ノ瞼方面。
P9291980.jpg


10:57 唐松岳頂上山荘到着。思ったより風もなくて快適そのもの。
ちょっと休憩しようかと思いましたがちょうど荷上げ作業が始まるとのことでそのまま山頂へ。
P9291991.jpg


11:19 唐松岳山頂。
この日は本当に天気がよく、視界も良好。
眼前の剱岳はもちろん、富士山や苗場山もよく見えました。
P9292004.jpg


これから歩く稜線。不帰を抜けて写真真ん中、天狗の頭の向こうまで。
アップダウンが結構あるので大変そう。
P9292002.jpg


西側も絶景。
P9292034.jpg


八方池方面。
P9292060.jpg


不帰ノ瞼の途中から見下ろした唐松沢。
P9292065.jpg


不帰ノ瞼は高度感もありますが、梯子や鎖がしっかりあるので
落ち着いて歩けばさほど不安な部分はありませんでした。
13:27 不帰一峰の頭。
P9292087.jpg


不帰一峰より不帰キレットから天狗の大下り。
こっちからは大登りになるわけですが・・・
P9292067.jpg


午後になり西側の紅葉が輝いてました。
P9292095.jpg


うんざりするようなアップダウンを終え、天狗の大下りを登り切り
もうすぐ山荘に到着だーと思ってからが意外と長かったです・・・。

15:40 天狗山荘に到着。
あれ?閉まってる?すでに今年の営業は終了していました。
P9292123.jpg



誰もいない広々としたテント場にテント設営。白馬槍が目の前!
P9292128.jpg


テント設営して一息ついたら夕日を見るために稜線へ。
一面の雲海に見事な夕日!すごいな~来てよかった!
P9292132.jpg



刻一刻と変わる空と雲の色を日が沈むまでずーっと眺めていました。
贅沢な時間。感動しました。
P9292150.jpg

P9292154.jpg

P9292156.jpg

P9292168.jpg

P9292172.jpg

P9292174.jpg

P9292175.jpg

P9292187.jpg


日が落ちて空は一面の星空。一人夜空を眺めて幸せを感じた夜でした。
P9292207.jpg





翌日は朝から風が強かった。
といっても昨日があまり強くなかっただけでここら辺はいつも強風なんだろう。
さすがにこの時期の風は冷たい。
温かい飲み物で体を温めていると少しずつ空が明るくなってきた。
P9302213.jpg

P9302223.jpg


風と寒さに耐えて朝日を待つ。
P9302230.jpg


昨日の夕日ほどではないけど綺麗な朝日。
P9302242.jpg


山も赤く染まります。綺麗だな~。
P9302259.jpg



あっという間に日は昇り、空の色も一変。
テントを飛ばされないようにバックパックに詰め込んで6:07に出発。
P9302267.jpg


白馬槍の登りから来た道を振り返る。今日は雲が多くなりそうだ。
P9302279.jpg


6:56 白馬槍が岳山頂着。
P9302283.jpg


山頂から杓子岳と白馬岳方面。
眼前には良い斜面。滑りに来よう来ようと思いながら結局まだ来ていません。
P9302286.jpg


7:48 杓子岳山頂着。
P9302315.jpg


稜線の東側はスッパリと切れ落ちててなかなかの高度感。
強風でも吹いて押されようものなら数百メートル下へ真っ逆さまです。
P9302326.jpg


このあたりも展望は良いのですが今日は雲が厚くて青空がなかなか見えず残念。
昨日みたいな天気だったら最高だったけどまぁ仕方ありません。

9:23 白馬岳山頂着。
P9302360.jpg


こちらも東側はほぼ崖です。主稜も今は紅葉真っ盛り。
P9302361.jpg



本当ならここからさらに蓮華温泉の方まで行きたかったのですが今回はここまで。
この先はまた次回の楽しみとして今回は大雪渓を下って下山です。

大雪渓も紅葉が見頃でしたが欲を言えばもう少し青空が…。
それでも時おり青空も見え、素晴らしい展望の下山となりました。
P9302388.jpg

P9302408.jpg

P9302431.jpg

P9302442.jpg

P9302445.jpg


12:09 白馬尻から大雪渓方面。初めて白馬尻の小屋を見ました。
ここから先はほぼ平坦な林道歩きを残すのみ。
P9302460.jpg



12:49 猿倉着 あ~疲れた!でもいい山行だった!
P9302464.jpg


ここから昨日デポしていたカブに乗って黒菱まで戻りました。

久しぶりの縦走テント泊ということでちょっと不安もありましたが
無事計画書通りに歩くことができてよかったです。

紅葉時期はなかなか休みが取れず紅葉登山は諦めていましたが
今回は例年よりも早い紅葉と最高の天気のおかげで充実した2日間でした。
スポンサーサイト

Comment

No title

綺麗ですね。山はやっぱり天気ですね。このところ会員が多く北アルプスに出かけているので、久しぶりに登りに行きたい気分です。天狗山荘のテンバはひょっとして貸切ですか。夕焼けがいいですね。

No title

本当に天気が良くてよかったです。久々の北アルプスでしたがやはりいいものですね。天狗山荘のテンバは贅沢にも貸切でした。唐松岳から白馬槍の間は誰にも会わず静かなものでした。

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。