FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.05.23-24 立山

メンバー: YZ , ゲスト1名
天候  :2日間とも晴れ

小雪に悩まされ、不完全燃焼気味となった今年の冬。
今シーズンの滑り収めとして久しぶりに春の立山へ行ってきました。

朝4時に自宅を出てゲストと合流、7時頃に立山駅に到着。
さすがに5月下旬の平日になると人も疎ら。それにしても暑い。
立山では今年から手荷物の取り扱いが変更となり、
スキー・スノーボード等には安全のためのカバーを付けることが必須に。
現地でも販売しているとのことで300円でカバーを購入していざ室堂へ。


ターミナルを出るとすぐに夏道が。やっぱり雪が少ない。
P5230030.jpg


みくりが池定番のビューポイント
P5230037.jpg


春の立山は8年ぶり。まずは雷鳥平キャンプ場までテクテク歩く。
久々のテント泊装備+板はやっぱり重く、鈍った体には結構きつい。
キャンプ場に到着し、まずはテント設営。
日差しが強く、テントの中はかなりの暑さ。
P5230047.jpg


設営後、先ずは剣御前小屋を目指して雷鳥坂を登り始める。
自分の未熟なシール登行では少し厳しい斜面もあり、
何度かスリップしそうになりながら登って行った。
P5230058.jpg

P5230065.jpg


剣御前小屋に着くと剣岳の雄姿がお出迎え。
ここから本日1本目の滑走、剣沢を滑って行く。
P5230118.jpg

P5230128.jpg


雪はそこそこ緩んではいるものの縦溝が酷くて修業系の滑り。
それでも剣岳を眼前に滑れるロケーションはやはり素晴らしい。

P5230144.jpg

P5230164.jpg



どこまでも滑って行きたくなるのを堪え、剣沢小屋の少し下で滑走終了。
小屋まで登り返してここでランチ休憩。それにしても暑い・・・。

休憩後、剣沢を登り返して再び剣御前小屋へ。
あっという間に滑ってきた距離が果てしなく遠く感じる。
P5230196.jpg


剣御前小屋まで登り返し、これで今日の登りは終了。
ここからは雷鳥沢を滑降して雷鳥平キャンプ場まで。
こちらも斜面はやや荒れ気味だが剣沢ほどではない。
気持ちのいい斜度で快適に滑って行ける。
P5230227.jpg

P5230258.jpg



テントに戻ったのは16時前だが、まだまだ日が高い。
ゴロゴロしながらのんびりとした時間を過ごす。
P5230280.jpg


日が傾き始めると途端に気温も下がり、さすがに寒くなってくる。
雪の状態などを考慮して翌日の予定をあれこれと考える。
夕食には温かい鍋を食べ、早めにシュラフにもぐりこんだ。


翌朝、色々と検討した結果、行き先は真砂岳に決まった。
大走りを登っていくが、朝の固い雪はシール登行だと少し緊張する。
それでも登って行くうちに少しずつコツが分かってきて楽しくなる。

稜線付近は完全に雪が消えているので途中から板を担いで山頂へ。
視界が広がり素晴らしい景色。特に富士の折立の存在感が大きい。
滑走しようと思っていた内蔵助カール側には大きなクラック。
覗いてみたいが雪庇の状態が分からないので断念。
安全を取り富士の折立方面へ登ってそちらから滑ることにした。

真砂岳を下り、富士の折立とのコルから振り返ると
真砂岳直下は大きな雪庇もなく、問題なく滑れそうだったが後の祭り。
それでも富士の折立側の斜面も素晴らしく、縦溝もほとんどない。
ドロップポイントで滑走準備をする。斜度もあり、素晴らしいロケーション。
写真を撮りたいが、昨夜カメラのバッテリーがなくなってしまっていた。残念。

準備を整え、斜面へ滑りこむ。雪はほどよく緩み、広々とした快適なバーン。
雄たけびを上げながら気持ちのいいザラメを滑り落ちた。
ここでの滑走が今回の山行で最も素晴らしい一本だった。

滑った後は当然登り返し。
この稜線までの斜面はシールで登れる自信がなく、ここだけはアイゼンを使用。
稜線上の雪の消えた夏道を大走りまで歩いていくが、疲労で歩みが遅い。
登ってくるときにチェックした、雪の繋がっている面白そうなルンゼの上部へ向かう。

雪面はやや荒れているが、雪は緩んでいる。
思ったより斜度もあり、なかなか楽しそうだ。
1ピッチ滑り下り、その下は斜度が増し、少し狭いノド状の場所もある。
気分も上がり、調子に乗っていたらノド手前でスリップしてしまった。
十数メートルほど尻滑りしたあと体勢を立て直してなんとか無事に通過。
久しぶりに冷や冷やする滑りをしてしまった。

その後は雷鳥平まで修業系の縦溝地獄。
洗濯板のような雪面に苦しみながら戻ってきた。

テントに戻り、少し休憩した後に撤収開始。
疲れた体にテント泊装備が重くのしかかる。
室堂に近づくにつれ観光客の姿が増えてくる。
ターミナルに着くと人人人。来た時は早朝だったため閑散としていたが
やはり噂の外国人観光客の勢いはすさまじく、その多さに圧倒された。

15時発の高原バスに乗り、美女平へ。そしてケーブルカーで立山駅へ。
室堂周辺も十分暑かったが、下界はそれとは比べ物にならない暑さだった。

これで今シーズンのスノーボード山行は終了。
雪は少なかったが、それでも楽しい斜面は十分あって充実した山行だった。








スポンサーサイト

2016.05.09 乗鞍岳

メンバー: YZ , ゲスト1名
タイム :位ヶ原山荘8:16 稜線10:54 剣ヶ峰11:19
天候  :曇り時々雨


私個人は2か月以上も山へ行っておらず
随分と久しぶりの更新になってしまいました。

休みのなかったGWも終わり、久しぶりに山へ行くことに。
もう雪は3000m級の山にしか残っておらず、候補は立山か乗鞍岳。
当初1泊2日の立山を予定したものの、2日目は高確率の雨予報。
予定を日帰りにして、1月に敗退した乗鞍岳へ再び行ってきました。

朝4:00に自宅を出発、約3時間の道のりで7時過ぎに三本滝へ到着。
7:45のバスに乗って位ヶ原山荘へ。空はどんよりとした曇り空。
P5090026.jpg

P5090027.jpg


除雪された道路を山荘から数十メートル程進んだ地点から入山。
天気良くならないかな~、雪が思ったよりもあるな~など
ぼんやりしながら先行者に付いて行ってたらルートが違った。
位置を確認してルート修正。一部嫌な感じのトラバースになってしまったが
なんとか正規のルートに合流。少し風が強くなってきた。
P5090029.jpg

P5090031.jpg


標高2500m付近でちょっと休憩。
雨がパラついてきて稜線付近はガスが出てきた。
最近かなり運動不足だったのでもう疲労困憊気味。

休憩後、再び歩きだすが稜線への登りにさしかかると
斜度が増し、足取りが重くなる。
ガスで展望も望めず、我慢の時間帯。
その途中で一羽の雷鳥が姿を見せてくれて少し癒される。
10:56にやっと稜線へ。山頂まではあとわずかだ。
P5090033.jpg


途中で一瞬ガスが晴れた。眼下の展望が広がる。
多分一番メジャーだろうと思われるエントリーポイント
P5090035.jpg

でもこっちの方が気になる。山頂直下からダイレクトに下りるライン。
P5090036.jpg

ようやく山頂が見え、11:19に無事登頂。
P5090048.jpg


ガスガスだったのでとりあえず岩の脇で大休止。
そのうち後続の3名も上がってきた。
みんなガスが晴れるのを待つ様子。
天気は悪いが、幸い風もあまりなく、それほど寒くもない。
準備を整え、しばらく待つと展望が広がってきた。

心配していた下部の雪も問題なさそうだったので
ルートは山頂から北東に落ちるルンゼを選択。
上部は思ったよりも雪が固く、荒れていて上手く滑れず…。

その後は雪面も比較的きれいで滑りやすくなった。
斜度もそこそこあり、予想以上に広いバーンが気持ちいい。
どんどん落ちていき、あっという間に滑り下りてきた。
P5090064.jpg

P5090073.jpg

P5090086.jpg

P5090093.jpg


平坦な台地を雪を拾いながら滑走し、
除雪された道路だけは板を脱いで横断。
その後は自由にルートを取って山荘方面へ。
P5090096.jpg


時間を見るとバスの時間までまだ1時間以上余裕がある。
ひさびさの雪山なのでもう少し遊んで行くことにする。
近くにあったハーフパイプ状の地形を何度が登って楽しんだ。
P5090107.jpg


13:00前に位ヶ原山荘へ下山。13:30のバスで三本滝へ。

帰りには白骨温泉で入浴して帰路に。
P5090123.jpg


久しぶりの山で体力不足を痛感しましたが
やっぱり雪山は楽しいと思った一日でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。