スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.12.20 巻機山

ようやく里にも初雪が降り、山も真っ白な雪化粧。
まだまだ積雪は少ないものの、この日は快晴の天気予報。
この日は仕事の予定でしたが、前日の夕方に急遽休みをもらい
前回出来なかった初滑りをするべく、再び巻機山へ向かいました。

清水には6時頃に到着。
無理とわかっていたけど桜坂までの道へ上がってみる。が、
雪があってやっぱり車では上がれない。
別のルートがあったような気がしてナビを見たりして周辺をウロウロ。
道端にはスキーらしき装備の単独の男性が既に出発準備をしている。
おだまきのKKさんじゃなかろうか。顔が良く見えない。

あっちこっちへ移動してみて結局清水集落から上がることに。
準備をしていると空も明るくなりヘッドライトはいらない感じだ。
6時25分、清水集落の駐車場を出発した。

桜坂までは快適な林道。
そして登山道に入るとボコボコだけど良く踏まれた道。
前日に結構な人数が入ったようだ。

久々にボードを背負って歩いたが、藪につかまって煩わしい。
しばらく歩くと先行者のスキーヤーが見えてきた。
やっぱりおだまきのKKさんだ。今日は絶対会えると思っていた。
スキーではこのデコボコ段差の道はかなり大変そうだった。

5合目の手前では10数人の団体が雪上訓練らしきものをしていた。
前日に5合目の上でテント泊したようで、その跡が残っていた。
そしてここから上、トレースはなく、長い長いラッセルが始まる。
PC200463.jpg


思った以上に雪は深く、スノーシューで膝から腰ほどのラッセル。
東京から来たという単独の方と交代しながらラッセルするもなかなか進まない。
そうこうしている内にKKさんが追いついてきて先頭を歩いてくれた。
さすがスキーの浮力はすごい。KKさんのトレースの後でもかなり沈む。
少なからず楽にはなったけれど、しんどいラッセルは続いていく。


PC200466.jpg

KKさんはあっという間に先へ。
単独の方はいつの間にか下山したようで一人黙々ラッセル。
6合目と7合目の間辺りで後続の2人パーティーが上がってきた。
この辺りから足がなかなか上がらなくなり、交代でラッセル。
樹林帯を越えればラッセルも多少は楽になるだろうと期待していたが
当てが外れてここでもラッセル。心が折れそうになる。
先を行くKKさんがいなければ多分ここで終了していただろう。
PC200462.jpg

PC200461.jpg


ニセ巻への急登にかかれば雪も固くなって楽になるだろう。
その思いも裏切られ、ここにきても雪の深さはさほど変わらない。
多少は楽になったけれど、踏み抜きも多く少ない体力が奪われる。
KKさんに電話して「ここから降ります」と伝えようとも思ったが
最後の気力を振り絞り、KKさんから遅れること1時間でニセ巻へ。

時刻は13時。登り始めてから約6時間30分。疲れた・・・。
もう山頂へ向かう気力はない。今回もここで終了だ。
でも天気はこれ以上ない快晴。風もほとんどない。
雪質はかなり良く、軽くてサラサラの極上パウダーだ。
PC200469.jpg

PC200480.jpg

PC200483.jpg

PC200486.jpg


雪は軽いが、量はまだまだ少なく、笹や藪がかなり多い。
なんとか滑れる所を選び、7合目まで滑り下りる。
ここからは幅の狭い藪のトンネルのような登山道を滑降。
コントロールがシビアで超上級のスノーボードクロスのよう。
何度も転び、藪に突っ込みながら修業のような下山。
ちょっとコツをつかむとこれもまた楽しいが、とにかく疲れる。
唯一快適だったのは5合目付近のブナ林。
藪も薄く思い思いのラインで滑走出来た。

PC200494.jpg

PC200489.jpg

PC200498.jpg


だが井戸の壁から下は登山道の所々に岩もあり苦戦。
岩を嫌って藪に突入するも、こちらも密藪でとにかく大変。
4合目辺りだろうか、これ以上は滑るより歩いた方が早いと判断し
ここからは板を背負って下山。歩いた方が快適だ。
PC200500.jpg


桜坂へ無事降りて、清水までの最後の林道は快適に滑れた。
車に戻ったのは15時30分。
運動不足もあり、とにかく疲れた今回の山行。
今年の初滑りはかなり修業系の厳しいものになりました。
早くもっと山に雪が積もってほしいものです。


スポンサーサイト

2015.12.08 巻機山

随分と久しぶりの更新になってしまいました。

会員は毎月、山へ行っていますが、山行をブログにアップする会員が
ごく限られた人数なのでなかなか更新が出来ず、寂しい限りです。

さて、今年の新潟は記録的な小雪で雪がとにかく少ないです。
私の住む津南町は冬には毎年豪雪のニュースが出るほどですが
今年はまだ初雪も観測していません。

今回は冬へ向けての足慣らしと久々の雪の感触を確かめに巻機山へ向かいました。

ひょっとしたら魚沼はもう少し雪があるかもしれないと淡い期待を抱き、
スノーボードを車に積んで行くが、桜坂に着いて雪の少なさを再確認。
ボードは諦めて置いていくも、登山靴を忘れたのでボードブーツで行くことに。

空にはきれいな三日月。さすがに気温は低く、冷えた空気が気持ちいい。
PC080438.jpg

久々の山行で体が重い。いつにも増して深刻な体力不足。

標高1000m付近から少しずつ雪が増え始める。

五合目
PC080439.jpg

五合目を超えると登山道も完全に雪道になってきた。
久々の雪、滑るにはまだまだ足りないけれど嬉しくなる。

ここ最近の運動不足のせいで少し歩いてはすぐに休憩。
休憩しながら最近興味があるタイムラプス撮影のテスト。
現場で確認できないのでとりあえず色々設定してたくさん撮影してみる。

歩いては休み、歩いては休みでようやく樹林帯を超える。
視界が開け、素晴らしい風景が広がる。
PC080464.jpg

全てが真っ白に染まる厳冬期もいいですが、この時期ならではの
雪の白、笹の緑のコントラストも新鮮できれいでした。
PC080466.jpg

前巻機へ来るころには足もフラフラ。景色も素晴らしくここで大休止。
絶景を楽しみながらお湯を沸かしてチャイとスープで温まる。

ここで後続2名パーティーと単独の方が登ってきて山頂へ向かって行きました。
下山中にも単独と3名パーティーとすれ違い、今日は合計8名ほどの登山者。
天気は最高で文句なしの登山日和でした。

PC080475.jpg

PC080478.jpg


巻機山山頂直下はなんとか滑れそうです。
PC080479.jpg

今回の目的の一つ、超適当な自作ドリーでタイムラプス撮影。
帰宅後に出来を確認するも、なかなか思い通りにいかない。
もうちょっと色々と工夫してまたテストしてみたいと思います。
PC080489.jpg

景色も十分に楽しみ、足も疲れてたので山頂まで行かずにここで終了

冬ならあっという間に滑って行けるのに・・・仕方ないので黙々と歩く。
昼過ぎには桜坂に戻り、ちょこっと周辺を散策してから帰路に。

随分久しぶりの山行で体力不足を痛感した一日でした。
雪山シーズンはもう目前、もう少し頑張りたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。