スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

募集登山「立山連峰」

H 26年 募集登山「立山連峰」7月20~21日 参加者20名
DSCF2073.jpg(室堂にてスタート前の記念写真)
DSC_0897.jpg(雷鳥平、キャンプ場手前)
DSC_0904.jpg(雷鳥沢の登り、可憐な高山植物が楽しませてくれた)
DSCF2138.jpg(2日目の朝、出発前)
DSCF2118.jpg

DSC_0178.jpg

DSC_0177.jpg

DSC_0918 (2)

DSC_0962 (2)

DSC_0987.jpg

DSC_0971 (2)

DSCF2149.jpg

DSC_1025 (2)(雄山山頂)
心配したお天気も山の神が味方をしてくれて まずまずのスタート、予定通りだ
剱御前小屋手前寸前で雨に降られ雨具を付けるが、大きな雨にならず山小屋に到着。
(小屋番さんがすぐさま乾燥室に火を入れてくれ皆、ぬれた物を乾かす)
山小屋は三連休の真ん中、思ったほど混雑も無く比較的早い到着だったので夕食前に
ゆっくり今日のミーティングを済ませ、後は慰労の宴と山談義に花が咲かせる
山の夜は早いが朝も早い
後立山連峰の唐松岳あたりからの日の出、ご来光。
剱御前小屋は部屋に居ながらご来光を見る事の出来る贅沢な小屋(すべての部屋でとはいかない)
勿論、みんなで外でご来光を仰ぐ赤く染まる山肌にご来光が差し込む、神秘な瞬間!
朝食は五時、出発は五時半、慌ただしい出発だがお天気も良く参加者の体調も万全で何より
御前小屋から真砂・大汝・雄山・一の越山荘、そして室堂へと縦走の始まり
主峰は三千mを超える、青い空に眼下に広がる残雪の室堂平、絶景だ!
大汝では大休止でHさんが担ぎ上げてくれた水で珈琲タイム(本格的なドリップコーヒー)
エメラルドグリーンに輝く、黒四ダム、後立山連峰を前での最高の一杯、ありがたきかな・・
雄山まで来ると賑やかになり服装も街中の装いが多くなる、希望者は参拝を済ませ
後は一の越山荘、室堂へ下るだけ、一の越では改修工事か廃棄物か荷下げのヘリコプターが
何回も飛行、その度小屋番さんが危険エリアに入るなと誘導する。
室堂まで降りると大勢の観光客で賑やか我々の登山もここでフェナーレ、
無事下山、参加者の皆さんお疲れ様でした。一般参加の皆さん今回の立山、
どんな風に映りましたか?また、来年も何処かの山でお会いしましょう~
会員の皆様ご苦労様でした。




































スポンサーサイト

雲上の楽園・小松原湿原

6月に行われた毎年恒例の小松原湿原清掃ハイキング・・6/22
(今年度参加人数 一般参加者31名 会員 13名 計44名)

梅雨空、雨の出発・・

DSCF1621.jpg
DSCF1626.jpg (神秘な湿原、池塘に咲くワタスゲはまだ早かった)
DSCF1643.jpg
DSCF1617.jpg(雨に濡れるムラサキヤシオツツジは色鮮やか)
DSCF1647.jpg(サンカヨウ)
DSCF1646.jpg(エンレイソウ)
DSCF1680.jpg(ヒロハノユキザサ)
DSCF1676.jpg
DSCF1622.jpg(ヒメシャクナゲ)
DSCF1624.jpg(イワイチョウ)
DSCF1631.jpg(シラネアオイ)
DSCF1636 (2)(オオカメノキ)
DSCF1659.jpg
DSCF1671.jpg(ブナモヤシ)
DSCF1668.jpg
DSCF1653.jpg
DSCF1656.jpg(霧のブナ林)
DSCF1611 (2)
DSC_0671_20140709001944f4e.jpg(毎年恒例のとん汁会場・今年は広々とした草原)
DSC_0673 (2)
6月初め、会員数名で下見に向かったのだがまだ、沢山の雪、そして雪庇があった!との報告があった
そして、近年、津南町大場集落からの林道の崩壊が激しく、このコースからの入山を諦め
別コース、ニューグリンピア津南スキー場より小松原野菜畑を経ての入山となり
時間的にも何時もより余計かかるコースとなった。
雨の出発、雨具を付けてのスタートは先が思いやられたが参加者の熱い思いが通じたのか
次第に雨脚も細くなりブナ林を抜け下ノ代から中ノ代湿原に出る頃になると雨具も要らなくなる・・
小松原避難小屋にて昼食、そして帰路へ
まだ、雪解が終わったばかりの所からは初々しい芽吹きと下界では終わった山菜が美味しそうに顔を出していた。
お目当てのワタスゲは残念ながら早すぎたが、それでも、私たちが居るよ~と、可憐な花たちが
優しく声を掛けてくれた。
しんがりパーティーは先頭から遅れること約30分、登山口に戻ると大きな拍手と美味しいとん汁の匂いがする。
さて、広々とした草原で温かいとん汁~!と思いきや突然の夕立!!最後に来て雨、雨・・

画像 088
長年、清掃活動などで守り続けて来た小松原も近年すっかりキレイになりゴミもほとんどなく大変喜ばしいことだ。
しかし、現状は湿原を守るために設置された木道、設置から30年以上たち老朽化が激しい
このままでは貴重な湿原も危うくなる一方、一日も早い木道の整備を願う!!・・

2014.07.03 苗場山

新潟から苗場山に登りたいと言う私のいとこが来ましたので平日に苗場山に計画しました
何人かに声をかけたら、4人で行ってきました。

この時期に苗場山に山行は初めて、苗場山ってこんなに、お花の山だと、思いませんでした
いろんな花が、咲いていました。

DSCF0209.jpg

DSCF7484.jpg

DSCF7514.jpg

DSCF7497.jpg

DSCF7513.jpg

DSCF7496.jpg

DSCF7488.jpg



7合目辺りでヘリの音、とても近い、だれか怪我?遭難?だれかがヘリを呼んだ?
私達に向かって飛んで来ます、なんか吊る下げて来ました、小屋の荷物かと思ったら
すぐ下りて来た、下りたと思ったら、またすぐ飛んで来ました。

7合目付近で行き会った、 御夫婦から聞いたら、木道の工事で今日は天気が良いので
13回飛ぶんだそうてす、工事関係者の方でした。
ヘリのホバリングをまじかで見ました、感動でした


DSCF0208.jpg

DSCF7547.jpg

湿地帯には、まだ雪が結構有り、苗場山名物霧有り、日差し有り、虫の襲撃に有り
下山途中は根まがり竹の大収穫有り、とてもとても、良い山行でした

DSCF7524.jpg

DSCF7522.jpg

DSCF7543.jpg

DSCF7526.jpg

DSCF7531.jpg

DSCF7515.jpg

DSCF7549.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。