FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負欠岩でクライミング

昨年から計画していてなかなか実行できずにいた今回の山行。

塩沢で一際目を引く山容をもつ飯士山の中腹にある
これまた一際目を引く負欠岩を登りに行きました。

あまり訪れる人も多くないのか登山道の一部はまるで獣道。
藪の中の急登を黙々と登っていきます。

P5251028.jpg

P5251031.jpg

しばらくするといい感じの岩が。
ボルダリングにはちょうど良さそう。アプローチがなければなぁ・・・。
P5251030.jpg

そして登り始めて約40分で負欠岩に到着!
間近で見ると本当に素晴らしい岩です、感動。
P5251037.jpg

岩もしっかりしていて開拓できればいいルートが開けそうな気がします。
でもここまで来るのがちょっと大変。
もうちょっとアプローチが良ければ・・・。

このフェイスも登れたら気持ちいいだろうな~。
P5251040.jpg

カッコいいな~
P5251042.jpg

早速準備をして登攀開始です。
P5251056.jpg

ルート自体はかなり簡単で初心者でも登れる難易度。
ただ高度感がかなりあるのでちょっとビビります。メンタル勝負です。

頂上から見た塩沢の町
P5251065.jpg

登ったリッジを見下ろす。
P5251062.jpg

頂上にある大きな岩に腰かけようとしたらグラグラと揺れてビックリした。
狭い頂上でなんとかビレイしてKさんも上に。

そして懸垂で下降。あっという間のクライミングです。
P5251072.jpg

負欠岩を楽しんだ後は再び急登を登り山頂へ向かいます。

この辺りはいいスラブになっていて負欠岩と同じく難易度は低いけど
高度感があるので直登していると適度な緊張感があって結構楽しいです。

支点を取りながら登れば初心者の練習にはかなりよさそうです。
P5251081.jpg

以前から飯士山のこの斜面を滑りたいな~と思ってもう何年も経ちましたが
今回せっかく負欠岩を登ったのでこの冬こそは滑りに来ようと思います。
でも思った以上に急登なので厳冬期のラッセルはちょっと大変そう…。

振り返れば負欠岩
P5251080.jpg

P5251083.jpg

12:10尾根コースとの分岐のピークに到着。
山頂はもう少し上ですがピークハントではないのでここから尾根コースで下山です。
P5251093.jpg

こちらのコースはほとんど展望もなく藪尾根をひらすら下る。
下のほうは気持ちのいいブナ林もありいい雰囲気でした。
P5251104.jpg

9:20に登り始めて下山は13:20、ちょうど4時間でした。

念願かなってようやく負欠岩の頂上に立つことができ、大満足。

次は新ルートを開拓して・・・は無理だろうな~。
でも登ってみたいと思わせるような素晴らしい岩でした。



スポンサーサイト

2014.05.17 上高地トレッキング

17日朝5時発 雨の予報 でも上高地は晴れの予報
大丈夫、私達には、晴れ女が付いています

DSCF7183.jpg



沢渡に着いたときには、晴れ女の力発揮
二輪草は五分咲き、昨年の同じ時期に訪問したのですが
今年は遅いみたい、作年は満開だったので、しこし寂しさを感じたのですが
これから咲こうとしている、感じも、また違う、感動でした

DSCF7193.jpg

DSCF7208.jpg

DSCF7211.jpg

DSCF7219.jpg

DSCF7220.jpg


日陰は寒さを感じ、日に当たると、暖かく、汗もかかず、とても気持ちの良いトレッキング
に成りました


大正池~かっぱ橋~明神~徳沢~横尾新橋~徳沢~かっぱ橋ビジタ-センタ

総歩数約3万歩 これは凄い

今回は10代 30代 40代 60代 同じ時間を、共有トレッキングの醍醐味
年代の違う人と自然の中、どちらの年代に取っても、有意義な時間でした

有難う御座いました。


DSCF7229.jpg

DSCF7236.jpg

DSCF7239.jpg

DSCF7241.jpg

DSCF7248.jpg

DSCF7249.jpg

DSCF7250.jpg

DSCF7255.jpg

DSCF7269.jpg

DSCF7274.jpg

DSCF7279.jpg

おまけ

ドライブ中に面白い看板発見
1~6まで  都はるみの北の宿のメロデ-で歌ってみてください
しゃれの利いた、看板でした
立てた御本人、超まじめに立てたそうです ポイ捨て困り
はたして 都はるみがわかる人はどの位いるか 疑問(笑い)

DSCF17279.jpg


松之山の美人林

DSC_0126.jpg

DSC_0127.jpg


ボルダリング @白岩and小川山

今回は個人的には珍しく2日連続での外遊びです。

1日目は大所帯、12人の仲間と新潟の白岩でボルダリング。

朝のうちは怪しい空模様でしたが現地に着くころには快晴。
P5180948.jpg


訪れる人も少なく素晴らしいロケーション。
P5180953.jpg


P5180952.jpg

大潮の影響で登れる場所が限られてましたが
遊べる範囲で課題を設定して登り始めました。

ガバが多いのでグレードもほぼ3級以下ばかり。
ただ尖った岩質で指が痛い・・・それでも楽しく登れました。
P5180958.jpg

昼には日本海を見ながらのんびりとバーベキュー。
P5180962.jpg

クライミングの合間にはスラックラインも。
P5180963.jpg


面白い課題もでき、今回は取れなかったので次回の宿題です。
ロケーションも良いのでキャンプしながらのんびりしてみたいな~。


そして翌日は小川山へ。
P5190974.jpg

小川山は実に1年振り。
アップで潮吹き穴(4級)を登ったら昨日の疲れもあり足が痛い。

穴フェース(初段)を登るMさん
P5190976.jpg


小川山ではちょっとアクシデントもあったので
2時間ほど登って早めの帰宅になりました。


次回は昨年から計画していた地元の岩でのクライミングかな。
K生さん、来週あたり休みが取れそうなので行きましょう!

2014.05.06 戸隠神社奥社

コ-ス 中社駐車場~小鳥ヶ池~鏡池~随神門~奥社~参道~中社駐車場

01_2014050815564054f.jpg



お天気曇りから晴れ、大丈夫私達には
晴れ女が付いている 処が気温8℃寒いよ~
02_2014050815564130f.jpg


小鳥ヶ池
03_20140508155643186.jpg


鏡池入口 雪の山!!びっくり
桜も芽吹きもこれからで~す
04_201405081556452d4.jpg

05_20140508155646d4e.jpg


車も人も行き会わず、貸切状態でした
歩いて、体を温めないと、ぺ-スが上がり気味
鏡池に着いた頃から、待ってました太陽が見え隠れ
06.jpg


写真を撮ってもらうのに、人探し2人いました
撮って貰いました戸隠山をバックに
07_2014050815585726c.jpg


水芭蕉とリュウキンカのコラボ、初めて聞く
お花の名前教えてもらいました(接写していた方より)
08.jpg


これから水芭蕉の群生地
09_2014050815590032d.jpg

10_2014050815590252d.jpg


11.jpg


私達エグザイルか?
12.jpg

随神門前
13.jpg


奥社への参道雪がまだ有ります
14.jpg


楽しい 楽しいお昼、お天気は快晴
みんなの行いの良いたまものかな?登山口で
15.jpg

奥社でお参り、おみくじをお引き解釈でみんな大吉と思う
16.jpg

さ-帰りましょ 戸隠様のパワ-を頂いて
17.jpg


18.jpg


19.jpg


20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

作日の雨でお天気が心配でしたが、予報は晴れ、私達には、晴れ女という、強い見方がいます
登山口に到着、雨は当たりませんでしたが、なんと気温、8℃ おぉさむ 体を温めるために
歩くしかなく、私達の強い見方は雨で合羽を着たことの無いのに、余りの気温の低さに、
合羽を着ています(笑)予報どうり 太陽が顔を出してくれました

寒さも手伝い、ぺ-スが上がり、太陽が出てからは、ゆっくり散策出来ました
私達のコ-スは余り人に出会わず、貸切り状態でしたが参道に出た時にはさすが
パワースポット、沢山の方に出会えましたが足元を見て、思わず行き先の情報を、
教えたくなりました、おばさんのいらぬお世話をしたくなりました。(笑)

お花と新緑はすこし早かったけど、水芭蕉はたいへん見ごろでした
昨年も同じ日に行ったのですが、まったく違う景色を見させていただきました。
一緒に行ってくれた友に感謝です。たのしさが伝わったかな?


2014.05.07 鍋倉山

仕事漬けの連休も終わり久々の休み、天気予報は快晴。

子どもの保育園の送り迎えがあるので遠出は出来ない。
ということで半日でも楽しめる近場の鍋倉山へ。


10時過ぎに自宅を出て1時間ほどで関田峠の駐車場へ。
雪はまだまだたくさん。
P5070948.jpg


連休中はさすがに混んでいたそうですがこの日は3台。
ゆっくりと準備をして歩き始める。

目の前の急登を上がり尾根を詰めて山頂へ。

P5070949.jpg

P5070952.jpg

P5070950.jpg

山頂まではちょうど1時間。
P5070953.jpg

山頂でのんびりランチを食べてから下山。

P5070954.jpg


木の枝が大量に落ちていてちょっと気になるけど
雪も緩んでいて滑りやすく概ね快適な滑走でした。

滑り始めたと思ったらあっという間に駐車場へ。

ちょっと時間がある時に手軽に楽しめるいい山です。


麓の方は新緑最盛期。
今日で滑り納めにしようかと思っていましたが
新緑がいい頃にもう一回来ようかな。

P5070961.jpg



2014.04.29 光城山~長峰山トレッキング

清津山の会女子会 7名

お天気 晴れときどき曇り
 
コース 光城山~長峰山~長峰荘に下山
登り 120分
下り 75分
地図




桜はもう葉桜でしたが、ドウダンツツジ もも 八重桜など咲いていました

さくらいけ


光城山山頂付近、桜のじゅうたんが風が吹くと、さくらふぶきの中の散策
さくら


山頂振り返ればこんな感じ
さくら最高 日本人で良かった(笑)
桜の絨毯

常念岳は恥ずかしく雲の中に隠れています。
さくらとじょうねん


長峰山トレッキングコ-ス
コース案内

案内図看板新しくとても見やすいです
周辺案内図

赤松の並木を気持ち良く散策
まつたけが沢山出そう ?
赤松並木


ちょと遊んでみましたカメラで顔が映ってないよ~(泣)
カーブミラー


長峰山からの眺望 すごい
ハンググライダー用の飛び出し板の上
長峰山


頂上からの眺めをスケッチ中
スケッチ中

長峰山から長峰荘側に下山
若緑と花のコントラストがきれいどこを見ても、お花が見れました
ツツジ

階段

山桜


山吹だと思われる?
山吹

0101山桜

01011.jpg

010111.jpg

0101111.jpg

01011111.jpg

0101111111.jpg

010111111.jpg

01012.jpg

010122.jpg


お花の山でした、とても歩きやすいコ-スでした。
毎年同時期に山行に行っていますがいつも違い、自然の摂理には驚かせれます
女子会のにぎやかさ、お話しなくても想像出来ますでしょう(笑)
コースタイムも早く成り頂上でフリ‐タイムを設けました。
撮影もよし スケッチもよし 花の観賞もよし
余裕の時間で、ちひろ美術館に寄り道も出来ました
次の女子会山行計画中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。