スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.02.24 谷川岳

前回の八ヶ岳山行に続いて他会との混成6名パーティーで
谷川岳の東尾根へ行ってきました。


前日夜に現地入りして前夜泊、3時30頃に指導センターを出発です。

天気は快晴、頭上はきれいな星空。いい一日になりそうな予感。

一ノ倉沢出合いからアイゼンを装着し一ノ沢へ。
P2240957.jpg


段々明るくなってきました。
P2240973.jpg


シンセンのコルに到着する頃にはすでに朝日が。
P2240991.jpg


天気は最高!シンセン岩峰が印象的。
P2241002.jpg


山頂方面もいい景色。
P2241008.jpg


第二岩峰は右から巻いて行きました。
P2241033.jpg


視界がよく高度感もあります。
この頃に群馬県警のヘリがしばらく周辺を飛んでいて、
そのうちかなり近くまで来て手を振ってくれました。
P2241053.jpg



東尾根のハイライトとも言える雪稜のトラバース。
落ちれば下まで止まらないので慎重に。
P2241067.jpg



第一岩峰も右から巻いて最後の登り。
雪は深いものの人数が多かったのでみんながラッセルしてくれました。
雪崩れそうだな~と思うような場所も雪が安定していて一安心。
P2241110.jpg

P2241128.jpg


国境稜線に出ると新潟県側には一面の雲海。
P2241124.jpg


トマの耳方面。今日は本当に天気が良い!
P2241125.jpg



オキの耳で休憩したらいよいよ下山。
西黒尾根を下山するメンバーを見送り、
自分はここからマチガ沢本谷へ。
P2241134.jpg


上部の雪はパウダーではないもののそこそこの状態。
核心部も思ったより素直に抜けられました。
P2241139.jpg

P2241141.jpg


で、気を良くしていたらその後のデブリ地帯で見事に転倒。
蹴散らせるくらいの柔らかさと思ったらガチガチでした。

その後も凍ったデブリに泣かされて逃げるようにトラバース。
中間以降は快適でしたがちょっと悔いの残る本谷初滑降でした。
P2241143.jpg

P2241156.jpg




その後、落とし物を探しに一ノ倉沢出合いまで戻るも見つからず。
P2241161.jpg


来た道を戻り、谷川岳ベースプラザでメンバーの帰りを待つ。
西黒尾根のメンバーも無事に下山できて充実した山行も終了。

終日天気に恵まれたいい一日でした。


今回のルート。
ルート地図


2014.03.03に動画を追加しました。



スポンサーサイト

八ヶ岳で雪山遊び

2月1日から4日までの4日間、5つの山岳会から様々なメンバーが集まり
各々の都合に合わせて1泊~3泊で八ヶ岳へ行ってきました。総勢9名。

1日は先発隊がテントや食料などを担ぎ上げ、赤岳鉱泉まで。

2日早朝から地蔵尾根~赤岳~文三郎尾根。午後はアイスクライミング。
私もこの2日から参加しました。

3日は私を含めた3名が中山尾根登攀。
この日下山を含む5名が硫黄岳往復。

4日に下山という行程でした。

私は深夜に自宅を出発して登山口の美濃戸口には2:30過ぎに到着。
準備をして3:00頃に駐車場を出発して真っ暗な林道を歩き始める。

P2020893.jpg


この時間は誰にも会わず黙々と歩き6:00前に赤岳鉱泉へ到着。
前日からテント泊しているメンバーを探すが見当たらない。
P2020895.jpg


既に出発したようなので後を追うように地蔵尾根へ歩き始める。

朝は満天の星空だったのにこの時間になると天気は下り坂。
P2020900.jpg

標高を上げると風もどんどん強くなり視界も悪い。
途中で戻ろうかと思いながらもなんとか稜線に到着。
(後で分かりましたが先発隊5名の内2名が途中で引き返してきて
登山道ですれ違っていましたが視界不良などもありお互い気付かず)
P2020903.jpg


稜線上も猛吹雪。休むに休めないので足早に赤岳山頂へ。
P2020907.jpg


文三郎尾根から赤岳鉱泉へ戻るとちょうど他のメンバーも戻ってきたばかりとのこと。
あと数分早ければ追いついていたようです。合流してみんなでお昼ごはん。

この日は赤岳鉱泉でイベントがあり、じゃんけん大会や
アイスクライミングの初心者コンペも開催されていました。
P2020912.jpg

バーベキューの振る舞いも。
P2020916.jpg

午後は時間もあったのでみんなでアイスクライミング。
去年はやらずに帰ったので自分もアイス初体験。
P2020917.jpg


バイルやアイゼンがなかなか信用できず苦戦するも
ちょっとコツがわかってくるとなかなか面白いです。

そしてやっぱりこの造形は見事の一言。
P2020925.jpg

夜にはテントで宴会。
前日ほとんど寝てなかったのでこの日は早めに就寝。
P2020933.jpg


翌朝は快晴、この日は今回の山行のメインとなる中山尾根登攀。
P2030935.jpg

ヘッドライトの明かりの中取り付きへ。
P2030937.jpg

メンバーは3人、Tさんリードで自分を含め2人がフォロー。
P2030946.jpg


P2030951.jpg

P2030956.jpg

P2030963.jpg

岩と氷のミックスクライミングを期待していましたが、
いつもより全然雪が無いそうでほとんど岩のみ。

P2030970.jpg

普通に手で登れるコンディションでしたが、せっかく装備も準備したので
バイルとアイゼンを使って岩を登るドライツーリングという登り方に拘る。

フリークライミングと違い、道具を介しているのでイマイチ信用出来ない。
岩が欠けるんじゃないか、バイルやアイゼンの爪が抜けるんじゃないかと
不安にもなるが慣れてくるとこれはこれで楽しいと思えてきた。

天気はだんだんと悪化してきて中山尾根を抜ける頃には吹雪。
P2030992.jpg


前日よりはマシだが展望もないのでそそくさと下山。
P2031003.jpg

P2031013.jpg

テントに戻って再び宴会。
この日はみんなも早めに就寝。


翌日はもう下山するだけ。
ゆっくり起きてご飯を食べたら撤収作業。
P2041019.jpg

それから下山。
P2041025.jpg


展望はイマイチ楽しめませんでしたがアイスクライミングに
ドライツーリングと初体験を堪能した3日間でした。


動画も撮りましたがクライミングの動画はやっぱイマイチです。



みなさんありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。