FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.01.27 小遠見山

休日前夜、いつものように天気予報とにらめっこ。

地元周辺では朝から雨が降った、地元の低山はやめておこう。
明日の天気は・・・概ね午後から晴れる予報だ。
とくに白馬周辺はこちらよりも雲の少ない予報が出ている。

白馬周辺を調べているうちに鹿島槍北壁の画像が目に留まった。
よし、この景色を見に行こう。

ここ最近は足が遠のいていた白馬へ久し振りに行くことに。

3日前の苗場山で散々ラッセルしたので今回はお手軽山行。
今回の行き先はリフト利用ですぐに登れる小遠見山へ。


朝5:30に自宅を出発、途中ちょっと道を間違えながらも
8:00過ぎにHakuba47スキー場に到着。

でも着いてみるとリフトが動いてない。
なにやら整備で運転開始が遅れているとのこと。
まぁ今日は時間に余裕もあるので別にいいやと車で待機。

3~40分で動くと思いきや全てのリフトが動いたのは予定より2時間遅れ。
そんなこんなでスキー場トップを出発したのは10:30でした。
P1270914.jpg



週末のラインやトレースはほぼリセット状態。
先行者は10人程度でしょうか。
外人さんの5~6人パーティーが前を登っていました。
P1270920.jpg


五竜岳が見事です。武田菱もよく見えます。
あんなところを滑ろうと思う人がいるのだから驚きです。
P1270933.jpg


3~40分ほどで一ノ背髪に到着。
P1270934.jpg


ほとんどの人はここまでしか上がらず、先行していたスキーヤーも
少し先まで行っていたものの何故か引き返して来ていました。
というわけでここから先は先行者なし。
10:30スタートなのにトップを歩くとは・・・。

多少のラッセルもありましたが先日の苗場に比べればラッセルとは言えないほど。
そして11:30頃に二ノ背髪に到着。

こんなに天気が良いのに全然人がいなくてちょっと意外。
後を見ても後続は単独のスノーボーダーただ一人。
P1270943.jpg


そのスノーボーダーに写真を撮ってもらいました。
P1270946.jpg


気温も低く雪の状態もいい感じ。最高だ。
P1270957.jpg


そしてあっという間に小遠見山へ到着。
天気最高!展望最高!来てよかった。
P1270974pano.jpg


見てみたかった鹿島槍北壁。予想通りの天気ではっきり見えました。
P1270963.jpg

いつか登ってみたいな~と思いますがこうやって見ると・・・すごい壁です。
P1270967.jpg



スノーボーダーの彼はなんと天狗岳の裏へ行くそうで。すごいな~。
P1270979.jpg



私は当初中遠見までの予定で余裕があれば大遠見まで足を伸ばそうと思ってましたが
天気がよく、山頂でランチを食べながらのんびりしていたらもう歩くのが嫌になり
今日はここまでで終了。1時間ちょっとしか歩いてないのに・・・。
P1270988.jpg


山頂でダラダラしたらいよいよ滑降。

正直、来るまではパウダーはほとんど期待せず、
鹿島槍北壁の写真だけ撮れればいいと思ってましたが
思った以上にいい感じ!しかもほぼノートラックでした。
P1271011.jpg


若干パックされた感じの雪でしたが板は走るし滑りやすい。
天気はド快晴ですが気温が低く、雪も腐らず最高です。

一箇所だけちょっと緊張した急斜面。
P1271020.jpg

斜度はこのくらい。雪崩れそうですが今日は非常に安定してました。
P1271018.jpg



最高の雪を満喫しても時計を見るとまだ13:00。
ルート的にこのままトラバース気味に滑っていこうと思ってましたが
まだ時間も体力も余力がありせっかくなのでちょっと登り返すことに。

いい景色だな~。
P1271024.jpg

その後も全然荒らされてない斜面ばかり。
みんな今日は八方尾根に行ってるのかな?
P1271038.jpg


最後までいい雪を楽しんで河原へ到着、堰堤を渡渉。
P1271045.jpg


あとは林道沿いに楽々滑っていけます。
P1271047.jpg


が、途中一箇所大きなデブリが。
こんなのに巻き込まれたらまず助からないだろうな・・・。
P1271051.jpg

P1271050.jpg


最後にもう一回堰堤を渡渉して終了。
P1271052.jpg


最後まで天気も雪もよく最高の一日でした。

近所に住んでたら本当に毎週通うんだろうな。
それくらいお手軽で楽しいエリアです。


下山後はいつもの倉下の湯でリフレッシュして帰路に。
随分と久し振りの白馬でしたがやっぱり楽しい!

また来よう。


ルート地図









スポンサーサイト

2014.01.24 苗場山

どこの天気予報を見ても雲ひとつ無い快晴の予報。

仕事は今は閑散期、平日ということもあり急遽休みをもらって山へ。


行き先は前回敗退した苗場山。

前日から同じ山の会の仲間が2泊3日の予定で入山していたので
早朝に出発して合流し、前回踏めなかった山頂を目指してみる。


急な休みだったので何の用意もなく、夜中にバタバタと準備。
早めに寝ようとするも何故か寝付けず、2時間程しか寝れなかった。
それでもなんとか寝坊せずに起きて自宅を出発。

小赤沢に到着して準備を整え、4時ちょっと過ぎに歩き始めた。

予報通り雲ひとつ無い空には満天の星と輝く月。
P1240887a.jpg




ヘッドライトを点けなくても十分明るい。

月明かりで出来た木陰が映る雪面を歩いていく。
何の音も無く、澄んだ空気がとても気持ちいい。

前日に同じ山の会のTさんとおだまき山の会の2人が入山していたので
途中までは立派なトレースが出来ていてとても歩きやすかった。


おかげでTさんが泊まっていた雪洞まで2時間で到着。
ちょうど出発したばかりのTさんと合流してここからラッセル。

雪は深くフローテーションテイルを付けたスノーシューでも膝まで埋まる。
2人で交代しながらラッセルしてトレースを伸ばしていった。


夜が明けて鳥甲山も朝日に染まる。
P1240903a.jpg



予報通りの快晴、真っ青な空と強い日差し。
一昨年2月に登った時と同じように素晴らしい景色だ。
P1240916a.jpg



来月はこの鳥甲山へ行ってみる予定。
P1240931a.jpg


2人でラッセルしていてもさすがに疲れて後半は足が思うように上がらない。
相変わらず雪は深くて途中で足が攣りそうになった。

ここまでくれば山頂まではもう少し、最後の急登。
P1240955a.jpg



この辺りは風が強く風紋が見事でした。
P1240956a.jpg


おかげで雪もクラストしていてスノーシューだと登りやすい。
直登して標高を上げていくと一段と景色が良くなってくる。

妙高方面
P1240973a.jpg


山頂直下には立派なスノーモンスターズ。
P1240981a.jpg


そしてようやく山頂へ!

時刻は14:00ジャスト。
かかった時間は10時間、遠かった~。
P1241028a.jpg


山頂からは360度の大パノラマ。
何処を見ても絶景です。
P1241031a.jpg



風もなく雲もなくまさに別天地。何度来ても素晴らしい。

前回ガスで見えなかった平標や谷川方面もよく見えました。
P1241000a.jpg


山頂の桃源郷を満喫し、名残惜しくはありますが下山です。

所々急斜面もあって楽しいけれど、すぐに平らになったりと
アップダウンがあるので一気に下れず、帰りもラッセルです・・・。

それでも往路のトレースに合流したあとは
比較的板が走ってくれて思った以上に快適でした。


帰る頃にはすでに日が傾いていました。
P1241057a.jpg



車に到着したのは17:30。
なんとかヘッドライトを使う前に下山できてよかった。

早朝から夕方まで大自然の中で遊びつくした一日。

かなり疲れましたがとても充実した完全燃焼の一日でした。



今回のルートはこちらです。
ルート地図



動画もどうぞ。



2014.01.07 苗場山

あけましておめでとうございます。

今年は例年よりも雪が少なくちょっと物足りない感じの正月を迎えました。

今日は久し振りの山行です。
新年最初の山行は地元の苗場山へ。


今回は数ヶ月振りの山行ということもあり、足慣らしを兼ねて
以前から気になっていたルートの下見に行ってきました。


出発は4:30。空は満点の星空。
冷えた空気が気持ちがいい。

夜が明けて朝日に染まる鳥甲山。
P1070877.jpg


苗場山もやはりまだまだ雪が少なく、
藪も沢も全然埋まっていませんでした。
せめてあと1メートルは欲しいな~。


久し振りの山の空気。
天気もよくて気持ちが良いが足が重くて息が上がる・・・
P1070880.jpg

P1070884.jpg

P1070887.jpg


帰りのことを考えてなるべくアップダウンがないように
ルートを作ろうと思ったのについつい標高を上げすぎてしまい
結局下るという失敗を2回繰り返してようやく目的の尾根へ。


この周辺でいいルートがあればな~と思っていたのですが
滑るにしてもイマイチな感じ・・・雪が少ないせいもあるかもしれませんが。
P1070892.jpg


尾根も登りにくくて難儀しました。もう少し木が少なければ・・・。
P1070894.jpg

P1070893.jpg


予定では12:00になったら下山するつもりでしたが
ルート工作失敗で帰りも時間がかかりそうなので
11:00でタイムアップ、標高1600m地点で終了です。

予想通り下山にも時間がかかり、車に着いたのは13:30。

日頃の運動不足のせいで足が棒のようです。
それでもやっぱり雪山はいいな~と実感した一日でした。
今年もいいシーズンになりますように。

P1070897.jpg


今回のルートはこちら

ルート地図



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。