FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.04.27 瑞牆エリア ボルダリング

春のクライミングシーズンも最盛期。
久しぶりに瑞牆へボルダリングに行ってきました。

天気は快晴、暑くもなく寒くもなく絶好のクライミング日和。
最近あまりクライミングをしていなかったので、大した成果は期待せず
岩の感触を思い出しながら、簡単な課題を登ろうと思っていました。

最初にトライしたのは「指人形」(初段)
スタートのマントルを返すのが最初はなかなか出来ずに苦戦。
Hさんは先日、この部分だけで3時間も費やしていたそうですが、
ムーブが分かりコツをつかむと結構簡単。バランシーで面白い課題です。
自分の得意なバランス系なので初段にしてはかなり簡単に感じる。
ラスト一手がなかなか止まらず、次回に持ち越しだと思いましたが
最後のトライでなんとか完登することが出来ました。

それから「普通の日」(初段)へ移動。
こちらは苦手系で全く登れる気配がなく、みんなのトライを眺めたり
近くの「コールドスリープ」(1級)をちょこっと触ってみたりしました。
しばらくトライした後、再び移動して最後に「ガリガリ君」(1級)へ。
最初は全く登れずにみんなでムーブをあれこれ試行錯誤。
ある程度ムーブが決まり、いいところまで行くも核心が難しい。
もうちょっとやってみたかったけど時間も遅くなり、今日はここまで。
次回取れるように、もうちょっと真面目にクライミングもしなければ。
天気と仲間に恵まれて楽しい一日でした。

P4270024.jpg

P4270005.jpg

P4270010.jpg

P4270025.jpg

P4270027.jpg


スポンサーサイト

小川山でボルダリング

この時期になると仲間が毎週のように小川山、瑞牆へと出かけていく。

この日も当会の3人とM山の会1人の計4人で小川山へ行ってきました。

天気は曇り。
前日の雨でちょっと湿気っぽかったけど楽しめました。
P9081679.jpg


自分は最近あまり登ってなかったのでこの日も大して登れないと思い
仲間の目当ての課題に合わせてのんびりクライミング。

Aちゃんの今年の目標、穴社員(3級)
P9081683.jpg


Hさんの今日の目標 レフトスパイヤー(1級)
P9081680.jpg

P9081682.jpg

今日はクジラ岩周辺のみで移動もしないことになったので
Hさんの横でライトスパイヤー(3級)をやってみることに。

クライミングを始めたばかりの頃に少しだけ触ったことがあったけど
その時は何も出来ず、その後は全くトライしていなかったのですが
今回触ってみると思っていたよりもなんとかなりそうな手ごたえ。

何度かトライを繰り返してムーブが決まり、さらにトライすること数回、
見事に完登出来ました。取れると思わなかったので余計に嬉しい。

そしてHさんもレフトスパイヤーをキッチリ完登。

Aちゃんは前回よりも苦戦している様子。
P9081683.jpg

その後、Hさんの目当ての太鼓判(初段)のスポットついでに
太鼓岩の3級にトライ。
スタートがちょっと苦戦するもののコツが分かれば結構簡単。
完登したついでに初段もやってみましたがやっぱり無理でした。

それからもう一つ、簡単だからと言われてプーシェ(3級)にもトライ。
やってみると本当に簡単。あっさりと一撃で落とせた。3級ないんじゃ・・・。
ムーブを聞いてしまったのでオンサイトじゃなくフラッシュでしたが。


思ったよりも登れたので帰る直前にレフトスパイヤーにも取り付いてみた。
数回トライしてみると想像していた程ホールドも悪くなく、取れそうな気配。
すでに足が痛くて痛くてこれ以上は登れませんでしたがいい目標が出来ました。

HさんやTさんは先週も先々週も来ていてまた金曜日にも行くとのこと。
さらに週末は群馬にも登りに行くというのだから羨ましい。

私も今年中にあと3回は行きたいな~。




負欠岩でクライミング

昨年から計画していてなかなか実行できずにいた今回の山行。

塩沢で一際目を引く山容をもつ飯士山の中腹にある
これまた一際目を引く負欠岩を登りに行きました。

あまり訪れる人も多くないのか登山道の一部はまるで獣道。
藪の中の急登を黙々と登っていきます。

P5251028.jpg

P5251031.jpg

しばらくするといい感じの岩が。
ボルダリングにはちょうど良さそう。アプローチがなければなぁ・・・。
P5251030.jpg

そして登り始めて約40分で負欠岩に到着!
間近で見ると本当に素晴らしい岩です、感動。
P5251037.jpg

岩もしっかりしていて開拓できればいいルートが開けそうな気がします。
でもここまで来るのがちょっと大変。
もうちょっとアプローチが良ければ・・・。

このフェイスも登れたら気持ちいいだろうな~。
P5251040.jpg

カッコいいな~
P5251042.jpg

早速準備をして登攀開始です。
P5251056.jpg

ルート自体はかなり簡単で初心者でも登れる難易度。
ただ高度感がかなりあるのでちょっとビビります。メンタル勝負です。

頂上から見た塩沢の町
P5251065.jpg

登ったリッジを見下ろす。
P5251062.jpg

頂上にある大きな岩に腰かけようとしたらグラグラと揺れてビックリした。
狭い頂上でなんとかビレイしてKさんも上に。

そして懸垂で下降。あっという間のクライミングです。
P5251072.jpg

負欠岩を楽しんだ後は再び急登を登り山頂へ向かいます。

この辺りはいいスラブになっていて負欠岩と同じく難易度は低いけど
高度感があるので直登していると適度な緊張感があって結構楽しいです。

支点を取りながら登れば初心者の練習にはかなりよさそうです。
P5251081.jpg

以前から飯士山のこの斜面を滑りたいな~と思ってもう何年も経ちましたが
今回せっかく負欠岩を登ったのでこの冬こそは滑りに来ようと思います。
でも思った以上に急登なので厳冬期のラッセルはちょっと大変そう…。

振り返れば負欠岩
P5251080.jpg

P5251083.jpg

12:10尾根コースとの分岐のピークに到着。
山頂はもう少し上ですがピークハントではないのでここから尾根コースで下山です。
P5251093.jpg

こちらのコースはほとんど展望もなく藪尾根をひらすら下る。
下のほうは気持ちのいいブナ林もありいい雰囲気でした。
P5251104.jpg

9:20に登り始めて下山は13:20、ちょうど4時間でした。

念願かなってようやく負欠岩の頂上に立つことができ、大満足。

次は新ルートを開拓して・・・は無理だろうな~。
でも登ってみたいと思わせるような素晴らしい岩でした。



ボルダリング @白岩and小川山

今回は個人的には珍しく2日連続での外遊びです。

1日目は大所帯、12人の仲間と新潟の白岩でボルダリング。

朝のうちは怪しい空模様でしたが現地に着くころには快晴。
P5180948.jpg


訪れる人も少なく素晴らしいロケーション。
P5180953.jpg


P5180952.jpg

大潮の影響で登れる場所が限られてましたが
遊べる範囲で課題を設定して登り始めました。

ガバが多いのでグレードもほぼ3級以下ばかり。
ただ尖った岩質で指が痛い・・・それでも楽しく登れました。
P5180958.jpg

昼には日本海を見ながらのんびりとバーベキュー。
P5180962.jpg

クライミングの合間にはスラックラインも。
P5180963.jpg


面白い課題もでき、今回は取れなかったので次回の宿題です。
ロケーションも良いのでキャンプしながらのんびりしてみたいな~。


そして翌日は小川山へ。
P5190974.jpg

小川山は実に1年振り。
アップで潮吹き穴(4級)を登ったら昨日の疲れもあり足が痛い。

穴フェース(初段)を登るMさん
P5190976.jpg


小川山ではちょっとアクシデントもあったので
2時間ほど登って早めの帰宅になりました。


次回は昨年から計画していた地元の岩でのクライミングかな。
K生さん、来週あたり休みが取れそうなので行きましょう!

瑞牆ボルダリング

去年は3月から瑞牆へ行っていましたが
今年は大雪の影響もあり2~3週間ほど遅いシーズンイン。
久々の外岩でのクライミングです。

約1年ぶりの瑞牆。天気がいいな~。
P4140915.jpg



先週1回だけクアハウスに登りに行っただけで
ここ1ヶ月間全くクライミングをしていなかったので
今日はとりあえず簡単な課題ばかりをトライ。

指が弱っているので簡単そうなスラブの岩を。
P4140917.jpg

P4140928.jpg



面白かった2級課題「夜を待ちながら」
でも2級にしてはかなり易しめ。
P4140935.jpg



Hさんはお目当てのカラクリ(初段)にトライしましたが
瑞牆到着後1時間で腰を痛めてしまい完登ならず。
P4140948.jpg


8,7,6,5,4,3、2級の課題を取り、
1級も・・・と思いましたがそんなに上手くはいかず・・・。

今日の課題の中では「夜を待ちながら」と「桃源(左右)」
が面白かった。初段はまだまだ登れそうにないなぁ。


久々の外岩でしたがブランクある割には結構頑張りました。

やっぱりクライミングは楽しいな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。