スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島 女子会の山行

2017年5月13日~16日 3泊4日
朝 盛大な見送りありがとうございました
 
清津山の会女子会5人+1人6人が念願で有った、屋久島の黒味岳、宮之浦岳に山行できました。
3泊4日の計画、移動だけに1日かかり、出発と帰りの移動は空は雨から曇り、行きは鹿児島空港で、アクシデント
私たちを乗せて飛ぶ予定だった、飛行機が欠航のお知らせ、あらま~~~~その後で、臨時便が出るとのこと
女子会、今日中に屋久島に着けば良いよね、騒がず待ち時間も楽しむ、私たち 凄い

13日夕方7時近くに1泊目の民宿に到着、民宿の若主人はとても若く、親切で高感度アップ、お話を聞いたところ
屋久島に来て2ヶ月、埼玉からお婿さんに、来たそうです
夕食はとてもおいしく、特にお米がおいしかったです、後で、屋久島観光タクシ-の運転手さんに聞いたら
お水との事、全員納得でした。
夕食、お風呂に入り明日の朝のお弁当をお願いして部屋にの戻り、9時まで、就寝とのリーダーの合図とともに
リックの整理開始、一番楽しい時間でした、みんなから出で来る言葉は、入らないよ~~朝の弁当を入れる隙間を空けて
なんだかんだと、時間どうり、就寝3時起床、4時出発

14日 4時民宿を若ご主人に淀川登山口まで送ってもらい、5時半に到着、途中起源杉に触れて、パワーをもらい登山の
安全を願って、登山口に6時すこし前登山開始 お天気は予報は快晴、気温心地良く
屋久島は雨のイメージだったが、なんと女子会には、晴れ女が降臨してきたようです。

テレビ、本でしか、情報が無い、屋久島岩山、アップダウンの連続、平らが無く、そこが醍醐味かな
木の根と石と苔の芸術ワ-ルドでした、山行計画より時間がかかりました。
お天気の見方に、後で聞いたのですが、黒味岳、行くのをリ-ダ-はとても悩んだそうですがお陰で、すばらしい
絶景に出会えました、宮之浦岳に向かい始め、時間がかかりました、女子会の団結、荷持ちを分け合いって添ってもらい
宮之浦岳に4時に到着、リ-ダ-、ここにテント張るとの、声かけてもらいました
でも風が強く水場が無く、進みますと答え、新高塚小屋に7時到着、お天気が見方してくれ、ヘッテンも出す事無く
テンバに着きました、テンバは3張り、小屋には、泊まれたのですが、途中で、屋久島のガイドさんからの情報で小屋には
ねずみが出るので、リック等は、紐にさげて置いた方がいいですとの情報、食べ物はともかく、リックの上をねずみが歩くのは
許せないとの、全員の一致でテント泊、みんな、行く前のテント張りの講習で手際良く、寝床が出来ました
静かに夕食、月がとてもきれい、みんな何時に就寝したのかな ?

15日 5時に起床、今日も晴れ女健在、朝お湯を沸かし、至福のコ-ヒ-朝食タイム、手際良く、テントをたたみ、6時出発
今日は下り、縄文杉にお目にかかれました、途中瞑想に時間をさき、次ウイルソン株、テレビに見るのと、一緒だった
縄文杉から歩道はとても、整備されていました、10年前皇太子が来るとの事で、道は整備されたそうです
順調に下山、大株歩道入り口でお昼をだべて、トロッコ道、ひたすら歩き安房川を横にせせらぎを聞き、見ながら心地よい
風に吹かれ、歌がでたり、いろいろ、知識の披露したり、とても得るものがたくさんありました

下山して、タイミング良く、バスが来て、乗り込み、乗り継ぎのバス停に奇遇にも、新高塚小屋のテントばで隣のテントのご夫婦
集合写真を撮ってもらいました。 
思わず、みんな声を掛け合いました、その後、翌日の観光で滝でまた、このご夫婦に会いました、なんと奇遇な事も有りました
5時頃 2泊目の到着です、怪我無く、全員無事、山行が終わりました

すばらしい自然と、山好きな仲間に感謝させて頂き、人生のぺ-ジと財産が増えました
ありがとう

16日は屋久島観光、とても案内上手なタクシ-の運転手さんでした。
3時に屋久島に別れを告げ、帰路に着きました
帰りのとき、雨の屋久島の顔を見せてくれましたよ
11時15分頃、中里総合センタ-に着きました

最後にザック等などは、宅急便で個々の自宅に送ったはずのリック、6人中正しく伝票が張られて届いたのが2人
4人分、ぐちゃぐちゃ、旅の終わりの、面白い落ちでした

本当に、皆様には、ご心配おかけいたしました
すべての関係者に感謝いたします

DSC_1960.jpg

1495258220784.jpg

DSC_1966.jpg

1495258231570.jpg

1495258181262.jpg

1494853628185.jpg

1495091787703.jpg

1495258167700.jpg

1494853674904.jpg

DSC02705.jpg

DSC02646.jpg

DSC02704.jpg

DSC02721.jpg

DSC_1976.jpg

DSC02612.jpg

DSC02569.jpg

DSC02559.jpg

DSC_1973.jpg

DSC02878.jpg

DSC02894.jpg

DSCF8832.jpg

DSCF8829.jpg

DSC02844.jpg

DSC02791.jpg

DSC02741.jpg

DSC02727.jpg


スポンサーサイト

清津川源流調査・白砂山

メンバー: CL S会長 Yさん T、   2016-7/30
                   (行程時間 約10時間半)
先々月の小松原トレッキングで出た話が現実となる
標高2139mの白砂山へ
DSCF7519.jpg

前夜発の久々エスパース
車を走らせること約3時間、日付が変わる頃 
ようやく登山口の駐車場に到着。
Yさんは到着直ぐにシュラフにもぐり込む・・
我々は、湯沢インター近くのスーパーで買い込んだ
つまみとお酒をごそごそと取りだす
こんな時間にフライパンに豚肉とシシトウを炒め
塩コショウをふりかけるとビールと焼酎が次々と胃袋に消えて行く~
気が付くと午前2時を回っていた・・・ヤバ! (;´∀`)・・

DSCF7521.jpg

6時半、予定を1時間以上遅れての出発となる
不謹慎にもふらつくは臭いは・・・まだ、抜けていない(=゚ω゚)ノ

DSCF7524.jpg


DSCF7526.jpg

DSCF7528.jpg

DSCF7531.jpg

DSCF7532.jpg

水場、
Ý大学のワンゲル部が水を補給していた。
S会長がキュウリ漬の差し入れをすると、
美味い美味い!と大感激してくれた!
話を聞くと白砂山から三国山まで行くと言う
しばらくは抜きつ抜かれつだったがやはり
若者のパワーには勝てなく山頂に着くと
はるか先に小さく見え隠れしていた~
白砂山から先は登山道は無く藪の世界
そんな頑張っている学生に我々は感激のエールを送る!

DSCF7533 (2)

堂岩山山頂にて

DSCF7535.jpg

八間山への分岐

DSCF7540.jpg

DSCF7538.jpg

一向に見えてこない白砂、まだまだ遠い!

DSCF7542.jpg

DSCF7546.jpg

ようやく山頂へ!
登山口出発から4時間半、長い行程だ~
帰路は八間山へと向かう

DSCF7547 (2)

DSCF7553.jpg

DSCF7555.jpg

笹原の登山道はフカフカの道、とても歩きやすい!
訪れる人も少ないのか笹が登山道を隠すように生い茂っていた。

DSCF7564.jpg

白砂山がはるか遠くになる。
よう歩いて来たもんだ!
(写真の真ん中よりやや左奥が白砂山頂)
この後これから向かう山に目を向け
あんな遠くまで登山道が続いてはいないと
たかを食って話をして居たのだが行程時間と距離を
見直すとまだまだ遠くに構えるいくつものピークを越えなければ
ならない現実が・・・がっくり仰天~
DSCF7556.jpg

DSCF7559.jpg

DSCF7560.jpg

まだ、遠い八間山、ようやく山頂が見えて来た・・・

DSCF7562.jpg

ようやく八間山へ・・・白砂山頂より約4時間半ふぅ~

DSCF7565.jpg

DSCF7569.jpg

ようやく登山終了、車道へ到着。
これより駐車場まで最後のアルバイト約20分・・・

我が会の名称にもなっている清流「清津川」
何時も見慣れている川の源
源流調査と銘打っての山行も
結構キツイ山旅となった。
日本二百名山の一つにも数えられている
白砂山、この日訪れた山屋はわずか10名ほど
それはそれは静かな山旅となった
登山口からずっと付いて来るようなウグイスの鳴き声と
時たま風に揺れる笹の音、そして仲間の息づかい。
そして、足元に揺れる花々は季節の変わり目短い夏を終え
秋のつぼみが大きく膨らんでいた。
ほほを伝わる沢山の汗、
その分よりも沢山の思い出深い山旅となった     ・・・・・・・・  T記

2015.12.08 巻機山

随分と久しぶりの更新になってしまいました。

会員は毎月、山へ行っていますが、山行をブログにアップする会員が
ごく限られた人数なのでなかなか更新が出来ず、寂しい限りです。

さて、今年の新潟は記録的な小雪で雪がとにかく少ないです。
私の住む津南町は冬には毎年豪雪のニュースが出るほどですが
今年はまだ初雪も観測していません。

今回は冬へ向けての足慣らしと久々の雪の感触を確かめに巻機山へ向かいました。

ひょっとしたら魚沼はもう少し雪があるかもしれないと淡い期待を抱き、
スノーボードを車に積んで行くが、桜坂に着いて雪の少なさを再確認。
ボードは諦めて置いていくも、登山靴を忘れたのでボードブーツで行くことに。

空にはきれいな三日月。さすがに気温は低く、冷えた空気が気持ちいい。
PC080438.jpg

久々の山行で体が重い。いつにも増して深刻な体力不足。

標高1000m付近から少しずつ雪が増え始める。

五合目
PC080439.jpg

五合目を超えると登山道も完全に雪道になってきた。
久々の雪、滑るにはまだまだ足りないけれど嬉しくなる。

ここ最近の運動不足のせいで少し歩いてはすぐに休憩。
休憩しながら最近興味があるタイムラプス撮影のテスト。
現場で確認できないのでとりあえず色々設定してたくさん撮影してみる。

歩いては休み、歩いては休みでようやく樹林帯を超える。
視界が開け、素晴らしい風景が広がる。
PC080464.jpg

全てが真っ白に染まる厳冬期もいいですが、この時期ならではの
雪の白、笹の緑のコントラストも新鮮できれいでした。
PC080466.jpg

前巻機へ来るころには足もフラフラ。景色も素晴らしくここで大休止。
絶景を楽しみながらお湯を沸かしてチャイとスープで温まる。

ここで後続2名パーティーと単独の方が登ってきて山頂へ向かって行きました。
下山中にも単独と3名パーティーとすれ違い、今日は合計8名ほどの登山者。
天気は最高で文句なしの登山日和でした。

PC080475.jpg

PC080478.jpg


巻機山山頂直下はなんとか滑れそうです。
PC080479.jpg

今回の目的の一つ、超適当な自作ドリーでタイムラプス撮影。
帰宅後に出来を確認するも、なかなか思い通りにいかない。
もうちょっと色々と工夫してまたテストしてみたいと思います。
PC080489.jpg

景色も十分に楽しみ、足も疲れてたので山頂まで行かずにここで終了

冬ならあっという間に滑って行けるのに・・・仕方ないので黙々と歩く。
昼過ぎには桜坂に戻り、ちょこっと周辺を散策してから帰路に。

随分久しぶりの山行で体力不足を痛感した一日でした。
雪山シーズンはもう目前、もう少し頑張りたいと思います。

2014.10.05~06 涸沢カール

10/5.6 前夜泊で涸沢カ‐ルに紅葉を見に、7人で行って来ました

計画、当初は山小屋泊の予定だったのですが、電話を入れたところ、
畳1枚に3人寝てもらう事に成りますとの返事、畳1枚に3人か・・・・・
想像してみたら、サブリ-ダ-テント泊に仕様と言う事に成り
7人で、手分けをして、荷物をそって出かけました

天気の予報は、台風18号、のドンピシャ、4日8時中里を出発、
沢渡に11時頃女性達は車中泊男性はテント泊 

5日4時起床4:40タクシ‐で上高地5:15頃から、歩き始め
徳沢に着いて、朝ごはん。そこまでは、雨に当らず、快適な山行、
ところがご飯を食べ終わったころ雨が当り始め、台風の影響が出てきました。
風はまったく無く、寒くも無く、歩いていないと寒い感じでした。

ところが、下山する人の多さにびっくり、数えた訳じゃないけど、
千人位に会った様に思えました。と、言う事は、台風の影響で、
下山する人が多いと言う事は、キャンセルも有るはず
みんな濡れて居るので、乾かしたいね、山小屋に行ったら、
素泊まりが出来るか、聞くだけ聞いてみようよ
案の定小屋は泊まれる事に成り、
でも夕方まで布団1枚に1人で寝れるかは、わかりませんでしたが
4時ごろ、布団1枚に1人寝 れる事に成りました。

別館は、ブル‐ヒーターがガンガン濡れたものは直ぐ乾き
布団も朝方まで、いらないほど、暖かく、外の景色も、
雨が小降りになったりで、良く見えたりして綺麗でした。
山行は雨は雨の日の良さを教えてくれます

今回、段取りして頂いた、リ-ダ-、サブリ-ダ‐、
同行した会の皆さんに感謝です




DSC_0218.jpg


IMG_0489.jpg

IMG_0487.jpg

IMG_0484.jpg

IMG_0479.jpg

IMG_0494.jpg

IMG_0495.jpg

IMG_0475.jpg

DSC_0221.jpg

DSC_0230.jpg

IMG_0490.jpg

IMG_0496.jpg

DSC_0234.jpg

DSC_0231.jpg

DSC_0233.jpg

IMG_0532.jpg

IMG_0511.jpg

IMG_0515.jpg

IMG_0510.jpg

DSC_0229.jpg

IMG_0507.jpg

IMG_0505.jpg

IMG_0504.jpg

IMG_0497.jpg

1412599557027.jpg

1412599541659.jpg

1412599535929.jpg

1412599530613.jpg

IMG_0536.jpg

IMG_0534.jpg

1412599527587_1.jpg

1412599521304.jpg

IMG_0539.jpg

1412599515751.jpg

2014.10.07 谷川岳

谷川岳周辺で唯一の破線ルートということで
いつか登ってみたいと思っていた中芝新道へ行ってきました。

朝、目覚ましどおりに起きるも布団から出られずに二度寝。
今日は中止にしよう、と思いましたがなんとか気を取り直して5:50起床。
で、結局予定よりも1時間30分遅れの7:34にロープウェイ駐車場を出発。
前回と違って日帰りなので荷物も少なく足取りも軽い。

7:57 マチガ沢
PA072479.jpg


8:15 一の倉沢
PA072484.jpg


予想はしていましたが昨日までの台風の影響で水量が多い。
道も所々水没していて歩きにくかった。
PA072485.jpg


9:00 ようやく芝倉沢に到着。
PA072486.jpg



ここからいよいよ中芝新道へと入ります。
事前に調べた情報の通り登山道の一部が崩壊しているとの注意書き。
PA072488.jpg



歩き始めて間もなくの崩壊箇所。
向こう側の踏み跡が見えますがきれいに落ちてしまってます。
PA072490.jpg


でもここは下の沢に下りる巻き道と上側を通る巻き道がありました。
どちらも小さく巻いていてさほど困難な感じはなく、踏み後もしっかりあった。

稜線を見上げると上部は紅葉がきれい。
期待した天気はイマイチで山の上は厚い雲とガスに覆われてました。
ちょうどこのあたりで雨まで降ってきて一気にやる気を無くして
帰ろうかどうしようか本気で悩みましたが予報を信じて進むことに。
PA072493.jpg


で、もう一箇所崩壊している場所がありました。
写真だとあんまりわかりませんが。
PA072498.jpg


ここはちょっと面倒くさくてロープで沢床まで2~3メートル下りて
登りにくそうな大岩を越えるか、上部の傾斜の緩い場所を横切るか。

上のほうが楽そうだったので少し斜面を上がってトラバースする。
崩れた土砂だから足元が安定しないし雨でグズグスになってるし
滑ったら一気に下まで滑り落ちるのでここは結構緊張した。



芝倉沢を見上げる。
冬は最高のオープンバーン。厳冬期の2月に来てみたい。
PA072499.jpg



いつの間にか雨もすっかり止んで気づけは青空が!
やっぱり天気がいいと俄然やる気が出てきます。
PA072505.jpg


普段はもうちょっと水量が少ないんだと思いますが
渡渉もちょっと大変で片足がずぶ濡れになってしまった。
PA072511.jpg


渡渉は何回もないような気がしましたがルートミスしたのか
最終的に4回の渡渉があった。2回だと思ってたんだけど。

最後の渡渉後、沢を離れて堅炭尾根へ取り付きます。
振り返ると高度感がありますが道はしっかりしてました。
PA072519.jpg


茂倉岳~武能岳の稜線
PA072520.jpg


堅炭尾根の岩壁と湯檜曽川
PA072528.jpg

堅炭尾根から見下ろした幽ノ沢。かなりの高度感。
PA072547.jpg

下部の崩壊箇所以外は道もしっかりしていて思ったより歩きやすいですが
岩がとにかく滑りやすかった。
雨で濡れていたからだと思いますが結構気を使いました。

堅炭尾根の上を歩き始めてしばらくすると青空は消えてまたガスが。
PA072568.jpg


11:36 景色も何も見えないまま一ノ倉岳到着
PA072569.jpg

すぐ脇にある小さな避難小屋で昼食を食べる。
予定ではここから晴天の大パノラマをみるはずでしたが叶わず。
つまらないので休憩もそこそこに歩き始めます。

12:25 オキノ耳
PA072577.jpg

12:33 トマノ耳
PA072578.jpg

下山は西黒尾根。
下り始めると視界がよくなりきれいな景色が見え始めた。
PA072579.jpg

天神尾根方面
PA072592.jpg

西黒尾根で一番好きな景色
PA072597.jpg

山頂付近のガスも少し晴れてきた
PA072598.jpg

マチガ沢と白毛門、笠ヶ岳
PA072601.jpg


13:22 巌剛新道分岐
この道もまだ歩いたことがなかったので下山路に選びました。
PA072607.jpg


基本的に樹林帯の中の登山道ですが途中に一箇所、
きれいにマチガ沢全景が見える場所がありました。
PA072622.jpg
逆光なのが残念、登攀路にして午前中に見てみたいです。


雨の影響か登山道は途中から沢みたいになってました。
PA072626.jpg


14:20 巌剛新道登山口
PA072628.jpg


あとは林道を歩いて約20分でロープウェイ駐車場まで。

期待した景色は思ったよりも天気が良くならず残念でしたが
まだ歩いたことのなかった登山道だったので楽しかった。
今度は天気のいい日に巌剛新道から登ってみたいです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。