スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.03.31 仙ノ倉山

年度末の3月31日、今年度最後の山行に行ってきました。
行き先は仙ノ倉山。北尾根から登ってシッケイ沢の滑降です。

2:30に自宅を出発、現地について準備して出発したのが3:49。

すっかり春になって早朝でもさほど冷え込んでない。
真っ暗な林道を黙々と歩いて5:02に群大ヒュッテに到着。
うっすら明るくなってきて、これから登る北尾根が見える。

P3310020.jpg


尾根に取り付くといきなりの急登。
思ったより雪が柔らかくてスノーシューだとちょっと緊張する。
トレースもあるけどボコボコなのでまっさらな面を直登した。

空も明るくなり、標高を上げていくと6時過ぎに太陽が出てきた。
P3310031.jpg

しばらくすると傾斜も緩やかになり気持ちのいい尾根歩き。
一気に標高が上がり景色もいい。出発地点の毛渡橋が遠くに見えた。

6:22 小屋場の頭に到着。
これから歩く北尾根の稜線。右上一番奥のピークがシッケイの頭かな。
P3310038.jpg

雪の状態が心配だったけど思ったより残っててよかった。
なんか一か所落ちてるようなとこも見えるけど・・・。
それにしてもこうやってみると遠い。仙ノ倉はまだまだ見えない。

小休止後、小屋場の頭から少し下り尾根を辿る。
ほぼ平坦でさほど狭くもなく快適な道。雪も締まってた。

で、さっき見えた崩壊箇所。
トレースがスッパリ切れ落ちてるし、崩壊後に越えた形跡もないので
つい最近割れたような感じ。昨日あたりかな。

P3310054.jpg

左も右もクラックがあってかなり嫌な感じ。
今回の行程の中で一番嫌だったかも。

そこを越えたらあとは比較的雪もしっかりしてて歩きやすい。
振り返ると長い長い長釣尾根とその背後に日白山、タカマタギ、棒立山。
P3310070.jpg

今回は行ける所までスノーシューでと思っていましたが
1627ピーク手前の壁はちょっと無理そうだったので
ここでアイゼン&ピッケルに変更。今シーズン初アイゼンでした。

1627ピークからは展望も最高。
右上に仙ノ倉(本当はこのもう少し奥でした)とシッケイ沢上部の斜面。
P3310075.jpg

今登ってきたばかりの北尾根も一望。
P3310083.jpg

眼前にはこれから登るシッケイの頭。
P3310087.jpg

で、シッケイの頭を見てて結構急だな~と思っていたら何か動いてる。
カモシカさん発見。見えづらいかもしれませんが写真中央よりやや上に。
P3310099.jpg

1月に蓬平さんたちが滑った万太郎山。凄いな~。
P3310101.jpg


きつそうだな~と思ったシッケイの頭の登りはそれほどでもなく一安心。
右手には苗場山も良く見えた。
P3310123.jpg

9:15 シッケイの頭に到着。疲れたけどここからしばらくは平坦な道。
後ろのピークの奥が仙ノ倉山。あと少しだ。
P3310135.jpg

急登も終わったのでここでアイゼンから再びスノーシューに。
天気も良く気持ちよかったのでここで大休止。風もなく穏やかだ。

ゆっくり休んでから歩きだす。疲れてるのか足取りが重い。

平坦な尾根も終わり、最後の急登。
笹が出てて踏み抜きも多くちょっと登りづらい。
近くに見えてなかなか着かない。
で、着いたと思ったら山頂はもうちょっと先だった。

10:42 仙ノ倉山山頂に到着。
P3310154.jpg

万太郎山へ続く稜線
P3310148.jpg

平標方面
P3310152.jpg


天気も良くて360度の大展望。富士山もきれいに見えた。
山頂部は風が強かったので景色を楽しんだら風の無い斜面へ移動。
これから滑るシッケイ沢を見下ろしながらのランチタイム。
P3310159.jpg


さて、いよいよ滑降。
見ると斜面には見事な紋様のような縦溝。
でも雪も程良く緩んでいて快適、だったのも束の間、
2~300mほど滑ったらまさかのストップスノー。

斜度があるからなんとか滑ってられるけど足がつらい。
これは雪が悪いのか、板が悪いのか、とにかく滑らない。
ここ最近の山行はストップスノーばかり。先週の休み晴れてればなぁ…。

あっという間に仙ノ倉がはるか遠くに。
P3310174.jpg

今朝登ってきた北尾根からも大量のデブリが。
P3310177.jpg

この後、毛渡沢に合流すると斜度が一気になくなり試練の時間。
滑らない板を必死にストックで漕いだり、時にはツボ足で歩いたり。
結局毛渡沢出合から群大ヒュッテまで1時間以上かかりました。

帰りの林道の途中からは今日登ったルートが良く見えた。
こうやってみるとあんな遠くまで行ってきたんだな~と感慨深い。
P3310192.jpg


黙々と林道を歩き、13:50に車に到着。
10時間と1分の山行でした。

滑りは残念でしたが、最高の天気で素晴らしい景色が楽しめたので満足です。
今年度の最後を締めくくるいい山行になりました。



スポンサーサイト

鍋倉山

たまには新緑でも楽しみながら滑りたいな~と思い、
今が新緑最盛期であろう鍋倉山へ行ってきました。

自宅を3:00に出て現地駐車場には3:50着。4:00に登り始めます。
P5210178.jpg


雪はまだまだたっぷりあります。ブナの新緑もきれい。
P5210184.jpg


倒木もたくさん。こちらは根から倒れています。
P5210186.jpg



稜線が近付いてきました。あっという間。
P5210194.jpg




期待した朝日は残念ながら雲の中・・・。
P5210197.jpg


関田峠方面への稜線。
P5210201.jpg



まだ行った事がなかったので黒倉山の山頂へ。
藪に囲まれてましたが日本海方面の展望はよかったです。
P5210202.jpg



鍋倉山へ向かい始めると太陽の光が新緑を照らし始めました。
一気に鮮やかさが増します。
P5210210.jpg



5:10に鍋倉山山頂着。本当にあっという間。
P5210221.jpg



妙高方面もきれいです。
P5210215.jpg



今日の朝ごはんは棒ラーメン。
P5210223.jpg





ご飯食べてのんびり景色を楽しんでから下山。
登ってくる時とは森の鮮やかさが段違い。
P5210225.jpg

P5210230.jpg

P5210237.jpg


滑りに関しては落ちた枝が多かったり
雪が固すぎてエッジが効かず大苦戦。
ほとんどまともに滑れなかった・・・。

滑りは面白くなかったけど新緑は最高。
十分に楽しみながら下りてきました。

P5210244.jpg

P5210248.jpg

P5210265.jpg

P5210272.jpg



駐車場には6:20に到着、自宅着が7:10。

ちょっと早起きすれば十分仕事前にも行ける山です。

いいリフレッシュになりました。


おまけ


ルート地図








冬の谷川岳

12月23日に山の会会長他5人で谷川岳天神尾根に行って来ました。
新雪が積もっていたので、会長とKさんはラッセルがたいへんでした。
天気も良くないので風も吹いて、歩きにくかったです。

北鎌尾根から槍ヶ岳へ

新田次郎の小説でも厳しいルートとして知られる、日本登山の黎明期から数々の伝説を生んできた北鎌尾根。
七度目の北鎌となるTS♂と、初挑戦はMK♀、MS♂、KS♂の三者。
天候にも恵まれ、CLの的確なルートファインディングのおかげで安全に北鎌を楽しんできました!

北鎌尾根からの槍ヶ岳の眺望


【行程】
8/11
前夜発、七倉の駐車場へ23:00着、キャンプ

8/12
4:30起床~5:30ゲート開く、タクシーで高瀬ダムへ~5:45高瀬ダム発~7:00車止め、林道へ~8:00山小屋~8:30硫黄川出会い、入渓~10:00ヘツリ突破~12:00沢分岐、薮こぎで左沢上流へ高巻く~14:30北鎌沢出会い、キャンプ、焚き火で濡れた服を乾かす

8/13
4:30起床~5:30北鎌沢入渓~6:00沢分岐(左沢から水汲む)、右側へ遡上~8:00コル~10:00独標~14:30槍ヶ岳取り付き~15:00登頂~16:00殺生ヒュッテ、キャンプ

8/14
2:00起床~4:30発~7:30槍平小屋~11:00下山~11:30松本行きバスに乗車~14:00JR大糸線で信濃大町へ~15:00タクシー乗車~15:30七倉の駐車場へ

硫黄川出会い

トリカブト

もろい岩道を歩く

取り付き前のガレ場

北アルプスの夜明け






募集登山に行きました。

山の会恒例の募集登山に行きました。

23甲武信ヶ岳 017



今年は地元を流れる千曲川、信濃川の源流を訪ねて甲武信ケ岳に登りました。
皆さんが元気で登ってこれたので、良かったです。
お疲れ様でした。


23甲武信ヶ岳 007

23甲武信ヶ岳 008

23甲武信ヶ岳 009

23甲武信ヶ岳 010

23甲武信ヶ岳 025


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。